広告クリエイティブの効果をAIで自動予測する新機能を発表

広告クリエイティブの効果をAIで自動予測する新機能を発表

画像提供:マイナビニュース

アライドアーキテクツの海外子会社ReFUEL4 Pte. Ltd.(リフュールフォー)は6月27日、広告クリエイティブ最適化プラットフォーム「ReFUEL4」において、クリエイティブごとの広告効果の自動予測を可能にする新機能「Creative Optimal Rate(以下、CORシステム)」を新たに搭載することを発表した。

ReFUEL4は、広告出稿企業とクリエイターをマッチングし、オンライン上で広告クリエイティブの発注・納品を可能にする成果報酬型のプラットフォーム。広告に対するユーザーの反応率を機械学習(マシンラーニング)にかけることで、最適なデザインを解析する独自のAIを搭載している。

このたび「CORシステム」を採用することで、インハウス運用を含め広告企業がオンラインマーケティング施策に活用するすべての広告クリエイティブを「ReFUEL4」上で一元管理し、クリエイティブ効果の自動予測やリアルタイムでの効果測定が可能となる。

また、出稿中もリアルタイムで効果が測定できるため、パフォーマンスの高いクリエイティブへの広告予算の調整や、さらに良い効果が期待できるクリエイティブへの差し替えなど、より柔軟かつ迅速な広告施策を実現する。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)