Python学習中に気をつけるべき3つの誤解

Python学習中に気をつけるべき3つの誤解

画像提供:マイナビニュース

Opensource.comは6月23日(米国時間)、「3 mistakes to avoid when learning to code in Python|Opensource.com」において、、Pythonを学ぶ時に気をつけるべき3つの誤解を取り上げた。Pythonを学ぶ時にハマりがちなポイントが簡単なサンプルコードを実行例を通じて説明されており、参考になる。

記事において取り上げられている内容は、関数の引数における変数の初期化のタイミングと利用できる範囲および期間、クラス変数の初期化のタイミングと利用できる範囲および期間、dictの参照代入とコピーの使い分けなど。記述している変数がどのタイミングで初期化され、どの範囲に対してどの期間利用できるのかを把握しておかないと、期待している動作と違う動作をすることになる。記事では特にPythonで陥りがちなケースが記載されている。

参照代入やデータコピーなどはプログラミング言語ごとに異なっているため、そのプログラミング言語の動作をよく知っておく必要がある。Pythonは複数のプログラミング言語人気ランキングで順調に人気を伸ばしており、今後も増加することが予測される。Pythonが利用されるシーンはしばらく増えるものと見られる。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)