GLM、樹脂製フロントウインドウのEVを初公開- ガラス窓より3割以上軽量化

GLM、樹脂製フロントウインドウのEVを初公開- ガラス窓より3割以上軽量化

画像提供:マイナビニュース

京都大学発の電気自動車(EV)メーカーであるGLMは、樹脂製の前部窓(フロントウインドウ)を搭載した「トミーカイラZZ」の試作車を28日、名古屋市で開催されている「人とくるまのテクノロジー展名古屋2017」で初披露した。同車両は6月30日まで展示される。

わが国の自動車保安基準改正により、2017年7月1日から樹脂製窓のフロントウインドウへの搭載が認められるようになる。

それに合わせて同社は現在、フロントウインドウに樹脂製の窓を採用した世界初の市販車を目指し開発しており、試験を実施し、近く公道を走行するための国内認証を取得する予定だという。また、今秋を目途に、樹脂製フロントウインドウを搭載した特別仕様車「トミーカイラZZ」の販売を計画している。

環境規制が世界的に強まるなか、航続距離を高めるために車の「軽量化」は不可欠な時代となっている。「トミーカイラZZ」に搭載される樹脂製フロントウインドウは、従来の窓より3割以上軽いのが特長だ。標準装備であるAピラーやガラス窓、ルームミラーを合わせた重量(18.4kg)に比べ、樹脂ウインドウを搭載した車両は6.6kgも軽い。

さらに、軽量化のメリットのみならず、樹脂製の窓はガラスに比べ高い強度があるため、窓周辺のフレーム枠(Aピラー)を必要としない。窓枠がないため、運転中に視界を遮るものがなく、より快適な走行を実現するとしている。

なお、今回の樹脂製の窓は、帝人の最先端技術により「トミーカイラZZ」の形状に合わせて製作されたもの。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)