日本IBM、「FinTech証券共通API」の仕様を提供

日本IBM、「FinTech証券共通API」の仕様を提供

画像提供:マイナビニュース

日本IBMは6月28日、証券会社およびフィンテック(FinTech)サービスを提供する企業向けに、「FinTech証券共通API」の仕様を提供開始すると発表した。

「FinTech証券共通API」は、資産残高、注文履歴、取引・入出金履歴、NISA(少額投資非課税制度)履歴といったFinTechサービスと証券会社のオンライントレード・システムをアプリケーション間で接続するAPI群。

APIのインタフェース仕様は、業界標準であるOpenAPI Specification 2.0やISO (International Organization for Standardization)、RFC (Request for Comments)などを採用することにより、汎用的な設計になっているという。また、オープンな認証プロトコル「OAuth」により、利用者のIDやパスワードを証券会社が認証した上で、FinTechサービスの利用を許可する仕組み。

そのほか、「FinTech証券共通API」は、IBMのAPI作成・管理・運用ソフトウェア「IBM API Connect」と「IBM DataPower Gateway」により提供される「OAuth」と連携するという。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)