東京メトロ、「時差Biz」に合わせ東西線と半蔵門線の臨時列車運行

東京メトロ、「時差Biz」に合わせ東西線と半蔵門線の臨時列車運行

画像提供:マイナビニュース

東京メトロは6月27日、7月11日から実施される快適通勤ムーブメント「時差Biz」に合わせ、平日朝ラッシュ時間帯の混雑緩和を目的とした早朝時間帯の臨時列車を運転すると発表した。

臨時列車が運転されるのは東西線と半蔵門線で、運転期間は7月11日〜7月14 日、7月18日〜7月21日の 計8日間。

東西線の中野方面は、6時台に「時差Bizトレイン」として、西船橋発九段下行快速列車1本、妙典発九段下行各駅停車1本を増発する。西船橋方面は、6時台に九段下発西船橋行各駅停車1本を増発。

半蔵門線の押上方面は、 6時台に中央林間発押上行「時差Bizライナー」1本を増発する。渋谷方面は、7時台の半蔵門発長津田行列車1本を押上発に変更する。

同社は、臨時列車以外にも、「時差Biz」に関する取組みとして、「東西線早起きキャンペーン」「S-TRAIN快適通勤応援キャンペーン」「東西線の一部駅の早朝時間帯の混雑状況の告知」を行う。

具体的には、過去の実績に基づき、西船橋−木場間の各駅において、朝6時台から8時台までに発車する列車について、各号車ごとに発車時と門前中町駅到着時の混雑状況をWebサイトで告知する。

ちなみに、時差Bizとは、東京都が主催する通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす働き方改革の1つ。Webサイトでは、時差Bizに関する基本情報、参加方法、取組事例などを紹介している。

関連記事(外部サイト)