自分の歯が多く保たれている高齢者は健康寿命長く、要介護日数短い

自分の歯が多く保たれている高齢者は健康寿命長く、要介護日数短い

画像提供:マイナビニュース

東北大学は、高齢期に保持できている歯の本数が多い人は健康で長生きであることを明らかにしたと発表した。

同研究は、東北大学大学院歯学研究科の松山祐輔歯科医師によるもので、同研究成果は、6月13日米国科学誌「Journal of Dental Research」に掲載された。

歯か?多いと、死亡率か?低いことや要介護になりにくいことは先行研究て?示されているが、要介護て?いる期間との関連は明らかて?はなかったという。そこて?同研究では、要介護になる前の歯の本数と、寿命・健康寿命(日常生活に制限のない期間)・要介護て?いる期間の関連を明らかにすることを目的とした。

松山医師は、JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study, 日本老年学的評価研究)の2010年調査に回答した、全国24自治体の要介護認定を受けていない65歳以上高齢者を3年間追跡したテ?ータを分析。調査は自記式の質問紙て?行われ、歯の本数は「0 本・1-9 本・10-19 本・20本以上」の4区分て?の回答を得た。自治体のテ?ータヘ?ースから死亡日およひ?要介護度2以上の認定日を取得し、調査テ?ータとリンクし分析した。死亡や要介護発生に影響を与えそうなその他の要因の影響を取り除くため、分析は性別て?層別化し、統計モテ?ルにより、年齢、入れ歯の使用、教育年数、所得、既往歴、主観的健康感、転倒経験、喫煙、飲酒、歩行時間、BMI、うつなと?の影響を調整、それらの影響を排除した。

最終的に、調査に回答した 85,161名(回収率 67.4%)のうち、77,397名(男性36,074名、女性41,323名)について3年間追跡したテ?ータの利用か?可能て?あった。分析の結果、死亡や要介護発生に影響を与えそうなその他の要因の影響を取り除いた上て?も、歯か?多いと、単に寿命か?長いた?けて?はなく、健康寿命か?長く、一方て?、要介護て?いる期間か?短いということか?明らかになった。その差は85歳以上て?もっとも大きく、歯か?20本以上ある人は、0本の人にくらへ?て健康寿命か?男性て?+92日、女性て?+70日、寿命か?男性て?+57日、女性て?+15日、要介護て?いる期間か?男性て?-35日、女性て?-55日の差か?あることか?わかった。

同研究により、歯か?多いと健康寿命・寿命か?ともに長く、要介護て?いる期間か?短いことか?明らかになった。厚生労働省から出されている健康日本21(第2次)て?は、健康寿命の延伸と、寿命と健康寿命の差を小さくすることか?目標として掲け?られており、同研究から、歯の健康か?、健康長寿に寄与する可能性か?示されたということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)