日立、商品の温度変化により色が変わるインクを開発- 安全な品質管理に貢献

日立、商品の温度変化により色が変わるインクを開発- 安全な品質管理に貢献

画像提供:マイナビニュース

日立製作所は、商品の温度管理の異常を「色の変化」で検知するインクを開発したことを発表した。

コールドチェーンにおける商品の温度管理は、高価なデータロガーやセンサー付記録機を使用してトラックやコンテナといった単位での管理が行われており、個別商品単位での管理が困難であった。今後は生産から消費まで一貫した、個別商品単位でのきめ細かな管理が要求される。

今回、日立が開発した同インクは、温度変化により色が変わる特性がある。これにより、商品ごとに定められた管理温度帯の上限と下限からの逸脱を検知できる。また、管理温度帯を逸脱した場合は、再び管理温度帯内に戻しても元の色に戻らない仕組みだという(不可逆性)。

同インクとIoT技術を活用することで、生鮮食品や医薬品などの温度を生産から消費までの流通過程で途切れず監視でき、より安心・安全な商品の品質管理が可能となる。

なお、日立は、同インクとIoT技術を活用すべく、生産から消費まで一貫した個別商品単位での温度管理の実現に向けた実証実験を開始した。商品のIDコードと同インクを組み合わせた温度検知コードをスマートフォンで撮影することで、商品の温度管理、時間、場所などの情報を取得でき、安価なコストできめ細かな温度管理が可能になるという。

今後は、生産から消費まで一貫した流通品質管理サービスの実現を目指すとしている。同インクは、マーキング事業を手掛ける日立産機システムで製品化し、産業用印刷装置による個別商品への印字に適用するなど、グループ各社と協創して同技術を活用した事業を展開していく構えだ。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)