オプト、LINEユーザーへのシナリオ配信に特化したMAツールをリリース

オプト、LINEユーザーへのシナリオ配信に特化したMAツールをリリース

画像提供:マイナビニュース

オプトは6月29日、LINE ビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」と連携するマーケティングオートメーションツール(MAツール)「TSUNAGARU:MA(ツナガル:エムエー)」の提供を開始したと発表した。

これまでのMAツールでは、会員登録とIDの連携を行ったコネクトユーザーへの配信が中心となっていた。

今回提供を開始したMAツールでは、未コネクトユーザーに対しても企業サイトの各ページにTSUNAGARU:MAタグを設置するだけで、Webサイトの閲覧・行動情報などをもとにしたシナリオ配信が可能に。他のMAツールやCRMツールを導入せずとも、簡単にLINEでのシナリオ配信ができる。

また、コネクト済みユーザーに対しては、属性情報や購買履歴を連携することでさらに多くのシナリオ項目が設定できるようになる。配信するメッセージは、テキストや画像、リッチメッセージに加え、LINEの新APIに対応したカルーセルタイプ、ボタンタイプ、コンファームタイプのテンプレートメッセージからも選択可能だ。

配信シナリオは、あらかじめ設定された約100パターンのテンプレートから選択することができ、MAツールの操作経験がない担当者でも、簡単にシナリオ設定することが可能となる。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)