LIXIL、ZEHの普及促進に向けて東京電力EPと業務提携

LIXIL、ZEHの普及促進に向けて東京電力EPと業務提携

画像提供:マイナビニュース

LIXILは6月28日、東京電力エナジーパートナーと、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及促進を目的とした業務提携について、協議を開始することで合意したと発表した。

2015年に採択されたパリ協定で、地球温暖化対策のために、今世紀末までに温室効果ガスの人為的な排出と生態系の吸収をバランスさせる長期目標が示された。このゼロ・バランスされた社会の実現に貢献すべくLIXILグループは、環境課題を経営の最重要課題の一つとして捉え、2030年までに同社グループが提供する製品・サービスによる環境貢献が、事業活動による環境負荷を超える「環境負荷ネットゼロ」の実現を目指す。

今回の業務提携のテーマであるZEHとは、「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のこと。政府は2020年までに標準的な新築住宅でのゼロエネルギー化、そして2030年までに新築住宅の平均でのゼロエネルギー化を推進している。

LIXILは、ZEHの購入を検討している施工主を対象に、LCC(ライフサイクルコスト)の低減と効率的なエネルギー利用によるCO2削減を目的とし、約2,000万軒の家庭の電力使用データに加え、省エネ機器の開発実績など省エネに関する知見と技術を有する東京電力EPと共に、両社の強みを活かしたZEHの普及を促進する新たな商品・サービスの提供の可能性について、幅広く検討していくという。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)