ものづくりの工程に変革を - HPが業務用3Dプリンタに参入した理由

ものづくりの工程に変革を - HPが業務用3Dプリンタに参入した理由

画像提供:マイナビニュース

●なぜHPは3Dプリンタ市場に参入したのか
日本HPは、業務用3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を発表した。3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3D 3200」および「同 4200」、材料の充填やパーツの冷却、取り出しなどを行う「HP Jet Fusion 3Dプロセッシングステーション」で構成。HPの30年以上におよぶプリンティング技術と、高度な材料に関する知見を生かして製品化したもので、既存の3Dプリンティングによる造形方式と比較して、最大10倍のスピードと、半分のコストで、品質の高いパーツを生産することができる。同社では、「設計から試作、製造までのものづくりの工程に変革を起こすことができる」と意気込むが、その背景について米HP.3Dプリンティングビジネス担当のステファン・ナイグロ プレジデントと、日本HPの岡隆史社長に話を聞いた。

−−HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションの特徴はなんですか?

ナイグロ氏(以下、敬称略):HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションは、いまから1年前に発表し、2016年末に第1号機を納品しました。その後、少しずつ販売を増やしてきましたが、いよいよ本格的な販売を開始するタイミングに入ってきました。アジアパシフィックでの展開も正式に発表し、日本、中国、韓国、シンガポール、オーストラリアの5カ国で販売します。日本では、武藤工業とリコージャパンの2社が、認定マスターパートナーとして販売を行うことになります。

HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションの最大の特徴は、HP独自の「HP Multi Jet Fusionテクノロジー」を採用している点であり、これは、これまでの3Dプリンティング技術とはまったく異なるものです。これにより、最大10倍のスピードを実現しながら、半分のコストで、品質の高いパーツを生産することができます。我々はこれによって、製造業における設計から試作、製造に至るまでのものづくりを変革したいと考えています。3Dプリンタの市場は50〜60億ドルの規模だといわれていますが、世界の製造業市場は12兆ドルもの規模があります。3Dプリンティングは、この製造業全体をターゲットに展開できます。

もうひとつの特徴は、素材のオープンプラットフォーム化を図っている点です。複数のメーカーに素材を開発してもらう仕組みを採用しており、現在、アルケマ、BASF、エボニック、ヘンケル、Lehmann & Voss、Sinopec Yanshan Petrochemical Companyの6社が参加しています。今後も素材を開発するメーカーは増加する予定です。これによって、新材料の開発を促進するとともに、材料と開発コストの低減、特定の業界ニーズへの対応など、3Dプリンティングの広がりを加速できます。

−−これまでの金型成形や射出成形が中心であった製造業のものづくりを、3Dプリンティングタはどう変えていくのですか?

ナイグロ:3Dプリンティングが製造業に広がるには、6つの前提条件があると考えています。ひとつは、3Dプリンティングの生産性、信頼性、一貫性が、金型成形や射出成形と同等水準になるということです。2つ目には、3Dプリンティング向けの素材が射出成形の素材よりもコストが高いという現状を打破することです。そして、3つ目には素材の種類も何100種類、何1000種類と増やさなくてはなりません。4つ目には、3Dプリンティングにしかできないデザインが生み出されるという実績を積み重ねることです。5つ目には、3Dプリンティングによる製造に最適化した形で、工場そのものを変えていくという努力や、サプライチェーンを変えていくという取り組みです。ユーザーからの要望にあわせて、すぐに製品を作り上げ、求めるものを迅速に提供するために、これまでとは違ったサプライチェーンを再設計しなくてはなりません。そして、最後に、業界によっては、3Dプリンティングで作られたパーツや完成品を使用するためには、標準化の問題や規制を緩和するといった動きも必要だといえます。いまは、3Dプリンティング市場は小さなものですが、こうした6つの要素が整えば、3Dプリンティングが、製造業に一気に広がっていくことになるでしょう。

3Dプリンティングは、デザインをしたものを翌日には完成品にできるという点で、すでに、射出成形に比べても速いスピードを実現していますし、射出成形ではできないデザインを3Dプリンティングで製作できるという実績も出ています。例えば、ラックギアの場合、一番上の層が黒で、その下に黄色の層を作り、さらにその下に赤い層を形成することができます。磨耗していくと、黒から黄色になり、赤へと変化し、視覚的に交換時期がわかるようになります。こうしたデザインは、3Dプリンティング以外では実現できません。このように3Dプリンティングがもたらすメリットは大きいといえ、すでに金型成形や射出成形では実現できない世界へと踏み込んでいます。しかし、製造業に普及するためには、やはり先ほどあげた6つの前提要素をすべて達成する必要があります。私は、それが揃うのが2020年〜2022年の間だと考えています。HPがいま、3Dプリンティング市場に参入したのは、そうした時代がまもなく訪れることを見越し、より3Dプリンティングの普及を加速する役割を果たそうとしているからです。

岡氏(以下、敬称略):ナイグロ氏自身は、プリンティング製品全体を見ていた時期がありましたが、あえて、3Dプリンティングの担当として、新たな組織を作り、そこにフォーカスした体制に移行したことも、いま、HPが3Dプリンティングにリソースを集中させていることを証明するものだといえます。

●日本は3Dプリンタにとっての希望の地となりえるのか?
−−HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションは、3Dプリンティングの世界にどんなインパクトを与えますか?

ナイグロ:現在の3Dプリンティングの主な用途は、プロトタイプを作るために使われているか、医療分野や航空業界、宇宙業界で利用する、限定的で、付加価値の高いパーツを製作するために使われています。しかし、いまの3Dプリンティングには、スピード、品質、コストという3つの課題があります。HPのMulti Jet Fusionプラットフォームは、これまでの3Dプリンティングとはまったく異なる技術によって、これらの課題を解決するものになります。むしろ、HPでは大きなビジネスチャンスが生まれると考えています。そのひとつの特徴が、21μm×21μm×80μmで構成されるボクセル(Voxel)単位で、色やテクスチャーなどの特性を変えることができるという点です。たとえば、タイヤのなかにセンサを埋め込むといった造形も可能であり、IoTを視野に入れた部品を作り出すことができます。

−−HPは、HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションの最初のゴールをどう設定していますか?

ナイグロ:1つは3Dプリンティング市場のマーケットリーダーになるということです。そして、もう1つは、3Dプリンティング市場そのものが年率30%以上の成長を遂げると予測されていますが、この市場成長を牽引する役割を果たすことです。

−−日本市場におけるHP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションの導入ターゲットはどこに置きますか?

岡:日本は製造業が多い国ですから、我々にとって大きなビジネスチャンスがある市場です。まずは、より多くのお客様に使っていただくための仕掛けをすること、そして、早期に国内で数社が導入し、量産現場での活用実績を作っていきたいですね。これをいかに早く作れるかが、最初の1年の重点ポイントです。すでに商談はスタートしています。米国で発表後、海外の展示会などを訪れ、現物を直接見たというお客様もいますし、なかには、現場で使用しているデータを持ち込んで、スピードや品質の面から、実際に使えるかどうかをテストしているユーザーもいます。

一方で、日本において、武藤工業とリコージャパンという、この分野に高い専門性を持ち、しかも全国規模で販売展開でき、保守サポートができるパートナーと手を組むことができたのには大きな意味があります。両社はともに、すでに3Dプリンタを販売した実績がありますし、製造業に対して、強いパイプを持っています。そうした2社が、改めて、日本HPと、3Dプリンティングでタッグを組んだわけです。そこからも、日本HPの3Dプリンティングソリューションが、高く評価されていることがわかっていただけるのではないでしょうか。日本においても、意欲的な販売目標に挑んでいきます。日本HPは、産業印刷分野においても印刷のデジタル化を推進していますが、それと同じことを製造業の分野でも、3Dプリンティングによって引き起こそうとしています。

ーー今後、3Dプリンティング事業の拡大に向けてどんなことに取り組みますか?

ナイグロ:先にも触れたように、1年前にこの製品と技術を発表し、いよいよ大規模に販売するフェーズに入ってきました。1年後には素材の種類が拡大しているでしょうし、これによって、さまざまな色を使ったパーツができるようになったり、ボクセルレベルで定義する使い方がより増えていくと思います。また、3Dプリンティングソリューションの導入事例も増えるでしょう。そして、我々も製品のラインアップを拡大することになります。より低価格帯の製品や、より生産性が高いハイエンド製品も登場すると思います。

−−ちなみにこの技術は、コンシューマ向けにも広がっていく技術なのでしょうか?

ナイグロ:この技術は、生産性が高いものに向いており、あくまでも業務用に適した技術です。ですから、コンシューマ向けの3Dデスクトッププリンティグに利用するものではありません。もしかしたら、教育分野などの利用があるでしょうが、そこまでスピードや品質が求められる市場ではありませんから、やはりターゲットは産業用途になります。
(大河原克行)

関連記事(外部サイト)