樹脂製の窓を搭載した「トミーカイラZZ」展示-人とくるまのテクノロジー展 名古屋 2017

樹脂製の窓を搭載した「トミーカイラZZ」展示-人とくるまのテクノロジー展 名古屋 2017

画像提供:マイナビニュース

6月28日〜30日にかけて愛知県・名古屋市で開催された「人とくるまのテクノロジー展 名古屋 2017」において、帝人が開発した樹脂製フロントウインドウを搭載したGLMのEUVスポーツカー「トミーカイラZZ」が披露された。

自動車保安基準改正により、2017年7月1日から樹脂を素材とした窓を自動車に搭載することが認可された。これを受け、世界初の樹脂製窓搭載市販車を目指して開発が進められた。「トミーカイラZZ」はすでに市販されている車種で、樹脂窓の国内認証が下り次第、オプションとして提供していく想定だ。

樹脂製のフロントウインドウはガラスよりも強度が高く、窓周辺のフレーム枠(Aピラー)を必要としないことから窓枠を取り付ける必要がなく、視界の確保がより良好となる。

現場でアテンドしていた帝人の担当者は、樹脂の長所は、ガラスと比較して造形の自由度が高いところにあるとして、UFOのような先進的なシルエットのドーム型窓でも製造可能となることを例に挙げながら、同社の未来に向けた技術としてアピールしていきたいと語った。。
(杉浦志保)

関連記事(外部サイト)