睡眠時のエネルキ?ー代謝の実態を解明-エネルギー消費は明け方から上昇

睡眠時のエネルキ?ー代謝の実態を解明-エネルギー消費は明け方から上昇

画像提供:マイナビニュース

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構は、代謝量は時間経過と各睡眠ステーシ?の影響を受けて変化し、エネルキ?ー消費量と炭水化物酸化量は睡眠前半て?は下降し、目覚める直前に上昇することを発見したと発表した。筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)の萱場桃子研究員、佐藤誠教授、筑波大学体育系大学院生の朴寅成、徳山薫平教授らの研究グループによるもので、同研究成果は、Metabolism誌2017年4月号に掲載された。

睡眠とエネルキ?ー代謝は密接な関係にあり、睡眠不足は代謝疾患や肥満の発症と関連していることか?知られている。睡眠時にと?のようにエネルキ?ー代謝か?行われているか、これまて?様々な研究か?行われてきたものの、正確な測定か?難しかったことにより、一致した結果か?得られていなかった。これまて?の研究て?は、エネルキ?ー消費量は中途覚醒やレム睡眠時に多く、徐波睡眠時に少なくなることか?報告されていたが、ヒトの睡眠て?は、前半に徐波睡眠か?多く、後半て?はレム睡眠か?多くなるという特徴か?あるため、エネルキ?ー代謝か?睡眠段階の影響を受けているのか、時間の影響を受けているのか不明だったという。

同研究て?は、29名の被験者について、脳波による睡眠測定およひ?ヒューマンカロリメーターを用いた代謝(エネルキ?ー消費量・炭水化物酸化量・脂質酸化量・呼吸商(RQ))測定を行った。ヒトの睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に大別されるか?、さらに細かな睡眠ステーシ?に分けることか?て?き、一晩に何度か、短時間の脳波上の覚醒(中途覚醒)か?観察される。代謝に影響を与える要因を明らかにするため、得られたテ?ータについて統計学的手法を用いて時間や睡眠ステーシ?なと?各要因の影響を調整して解析を行い、「入眠してからの時間を調整したときの睡眠段階こ?とのエネルキ?ー代謝」およひ?、「睡眠段階のそれそ?れの影響を調整したときの睡眠時エネルキ?ー代謝の経時変化」について検証した。

その結果、エネルキ?ー消費量・炭水化物酸化量・RQは入眠直後に急速に減少し、目覚めの直前に増加することか?明らかとなった。脂質酸化量は睡眠の前半て?増加し、後半になるにつれて減少していた。さらに、エネルキ?ー消費量は「中途覚醒>レム睡眠>睡眠段階N1>睡眠段階N2>徐波睡眠」の順に、炭水化物酸化量は「覚醒>中途覚醒>睡眠段階N1>レム睡眠>徐波睡眠>睡眠段階N2」の順に睡眠ステーシ?間て?有意な差か?認められた。

今回の研究により、代謝量は入眠以降の時間経過およひ?、各睡眠ステーシ?の影響を受けて変化していることか?明らかとなった。今後、さらに睡眠と代謝をつなく?メカニス?ムか?解明されれは?、睡眠へのアフ?ローチにより、肥満や糖尿病なと?の内分泌疾患の予防や改善か?見込まれる可能性か?あるということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)