デル、中堅企業向けクラウドサービス - 「ひとり情シス」を支援

デル、中堅企業向けクラウドサービス - 「ひとり情シス」を支援

画像提供:マイナビニュース

デルは6月30日、都内で発表会を開催し、2月に発表したITの投資規模、動向や姿勢に関する「IT投資動向調査」の結果を基に、市場での評価が高いラクス、カゴヤ・ジャパン、エックスサーバーと協業モデルを通じた中堅企業向けクラウドサービスの提供を開始すると発表した。

同社が2月に実施した中堅企業IT関連動向調査と、5月に行った追跡調査結果では、IaaS導入は18%と限定的だが、アプリケーションとしてのクラウドは51%と増加傾向にあるほか、バックアップなどの補足利用用途のクラウド利用が23.9%と増加しているという。

また「総務省 平成28年版 情報通信白書 クラウドサービス」の利用動向から、中堅企業(100名〜999名)に限定して分析すると、クラウド利用全体の72%はファイル保存、電子メール、サーバ利用、スケジュール共有、社内情報共有、データバックアップの6つの分野で占められていることから、それらに特化したアプリケーション・クラウドサービスを3社の協業により提供することを決定した。

○用途に合わせた10製品のクラウドサービス

今回、デルが提供するサービスは、経費精算・交通費精算と帳票発行・給与明細、ワークフロー、メール、グループウェア、ナレッジ共有、ホームページ/ブログ、ファイル管理、バックアップの9分野、計10製品となる。

ラクスは、「楽楽精算」「楽楽明細」「働くDB」「メールディーラー」の4製品。楽楽精算は、交通費や旅費、経費にかかわる、すべての処理を一元管理できる経費生産システムとなり、価格は年間36万円〜。楽楽明細は、支払明細、請求書、納品書など、あらゆる帳票をWeb・メール・郵送で発行し、印刷・封入など帳票発行の手間が省略可能としている。

働くDBは、クラウド上にノンプログラミングでワークフローが構築できるサービスとなり、価格は年間60万円〜。メールディーラーは問い合わせメールに「いつ」「誰が」「どんな返信」をしたのか、対応状況をリアルタイムに共有する。

カゴヤ・ジャパンは「メールエンタープライズ」「desknet's NEOプラン」「ファイル管理プラン」「クラウドバックアップ」の4製品。メールエンタープライズは、メールアドレス、マルチドメイン、メーリングリストが無制限で各種カスタマイズ可能な事業者向けのメールシステムとなり、価格は年間31万8600円〜。desknet's NEOプランは、設定不要で即時利用可能なグループウェアで、クラウド型サーバでのマネージドサービスを付帯し、価格は年間18万4800円〜。

ファイル管理プランは、データセンターに設置したストレージサーバを大容量かつ低価格で提供し、価格は年間28万9200円〜。クラウドバックアップは、ランサムウェア対策として通常のバックアップとしてバイオセキュアのVDPを提供し、価格は年間42万円〜。

エックスサーバーは「WordPress」「PukiWiki」の2製品。WordPressは、ブログやコーポレートサイトなどあらゆるサイトの作成に使用でき、ワンタッチでの自動設置、各種セキュリティ対策機能を含め、提供し、価格は年間2万4000円〜。PukiWikiは、情報共有や編集を共同で行えるWikiソフトウェアとなり、価格はWordPressと同じ。

○中堅企業をターゲットに取り組みを加速

デル 執行役員 広域営業統括本部 統括本部長の清水博氏は「これまで中堅企業向けの施策として、1月に全国セキュリティセミナーを開催し、2月には中堅企業IT動向調査の実施、3月に中堅企業向けクイックウィンソリューションの提供、4月にインサイドセールスの大幅増員、5月には中堅企業向けバックアップソリューションを再整理した。そして今回、中堅企業向けクラウドサービスを提供する」と述べた。

デルがクラウドサービスを販売することについて同氏は「顧客のプロジェクトでクラウドの適合分野が広がり、案件が増加したことに加え、ひとり情シスの場合、時間的な制約が多く、新規サービスの検討がしにくためワンストップでのサービス購入を求めている。さらに、われわれのインサイドセールがITコーディネーターなどの資格を取得し、クラウドの提案が可能になっている」と話した。

そして、なぜ3社と協業するのか、この点については「顧客との会話で3社が中堅・中小企業分野で高い納入実績があり、中堅・中堅企業はコストセンシティブな市場において実績を有している。また、3社の顧客とデルのターゲットが同一であり、利益率を高められる可能性があるほか、デル製品を運用しているため、経験と運用の知見をもっているためだ」と、力を込めた。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)