オリンパス、外科手術用3D内視鏡を発売-2D製品と同様の感覚で使用可能

オリンパス、外科手術用3D内視鏡を発売-2D製品と同様の感覚で使用可能

画像提供:マイナビニュース

オリンハ?スは、3D観察により奥行き感の把握か?容易になり、迅速て?正確な内視鏡外科手術をサホ?ートする「ENDOEYE 3D 硬性ヒ?テ?オスコーフ?」を日本国内で発売した。なお、既に欧州とアシ?ア一部地域て?は2017年1月に先行発売が行われている。

同製品は、2017年3月に発売した外科手術用内視鏡システム「VISERA ELITE II(ヒ?セラ・エリート・ツー)」に接続して使用する外科手術用3D内視鏡。奥行きのある3D映像て?、2D映像て?は難しかった対象臓器の立体的な把握をサホ?ートし、手術の精度向上と時間短縮に貢献するという。ヒ?テ?オスコーフ?先端には高解像度イメーシ?センサー(CCD)が2枚搭載されており、高精細かつ豊かな立体感の3D映像を提供する。また、内視鏡外科手術て?は、内視鏡を動かしたり回転したりすることて?、見えやすさを確保することか?重要となるが、同製品は、先端2CCD方式を採用しなか?らも、独自機構により内視鏡を回転した際て?もモニター画面上て?天地を保ったまま観察することか?可能となっている。この技術により3D映像を、使い慣れた2D製品と同様の感覚て?観察することか?できるということだ。

なお、同社既存の外科手術用3D内視鏡システムて?は、2台のヒ?テ?オシステムセンターと、3Dヒ?テ?オフ?ロセッサー、光源装置か?必要だったが、同製品は、これらの機能を1台に集約した「VISERA ELITE II ヒ?テ?オシステムセンター」に接続し、3D観察か?可能となっている。必要機材を減らすことて?、医療従事者にとって使い勝手の向上と初期投資にかかる医療コスト削減を実現している。また、VISERA ELITE IIは3Dた?けて?なく、IR(赤外光)、2D、NBI(Narrow Band Imaging)まて?多様な観察方法に対応可能。同時に、多様なカメラヘット?とヒ?テ?オスコーフ?との幅広い互換性を有しており、汎用性の高いユニハ?ーサルフ?ラットフォームとして病院内て?の効率的なシステム運用の実現に貢献するということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)