ソニー、手持ちの腕時計で電子マネーの利用を可能にするバンド

ソニー、手持ちの腕時計で電子マネーの利用を可能にするバンド

画像提供:マイナビニュース

ソニーは7月3日、スマートウォッチ「wena wrist」の新商品として、電子マネー機能を搭載した腕時計用レザーバンド「wena wrist leather(レザー)」を12月下旬に発売すると発表した。

「wena wrist leather」は、新開発の小型FeliCaモジュールをレザーバンドに内蔵。手持ちの腕時計に付け替えるだけで、楽天Edyによる決済を利用できる。日々の充電やスマートフォンとの連携も不要で、腕時計との着脱はレバーピン方式を採用しており、ワンタッチでの付け替えが可能。

バンド幅は18mm、20mm、22mmの3サイズ、カラーバリエーション(ブラック、タウニーブラウン、ワインレッド、ホワイト)は4種類を提供する。メーカー希望小売価格は8380円(税別)。

また、「wena wrist」のステンレスバンドの単品販売が7月11日より開始される。ステンレスバンドには、電子マネー機能に加え、スマートフォンの通知受け取り機能、歩数などの活動ログ機能を独自技術で内蔵している。ラグ幅が22mmの腕時計にはそのまま取り付けることができ、同時に発売する別売りのエンドピースを用いることで、ラグ幅が18mm、20mmの腕時計にも装着が可能。メーカー希望小売価格は33880円(税別)。

関連記事(外部サイト)