Chromeが増加 - 6月モバイルブラウザシェア調査

Chromeが増加 - 6月モバイルブラウザシェア調査

画像提供:マイナビニュース

Net Applicationsから2017年6月のモバイル/タブレットブラウザのシェアが発表された。2017年6月はChromeがシェアを増やし、それ以外のSafari、Android Browser、Opera Mini、Microsoft Internet Explorer、Firefox、Opera、Microsoft Edgeなどはシェアを減らした。デスクトップとモバイルのいずれにおいてもChromeがシェアを増やしており、ブラウザとしてさまざまなデバイスにわたって強い影響力を持ちつつある。

2017年6月はAndroidがシェアを増やし、iOSがごく少数ながらシェアを減らしている。この傾向はそのままChromeの増加とSafariの微減として現れている。iPhoneやiPadのユーザーはデフォルトのSafariを使うケースが多く、iOSのシェアがそのままSafariのシェアとして現れる傾向が見られる。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)