日立ソリューションズ、RPA/AIを活用するワークスタイル変革ソリューション

日立ソリューションズ、RPA/AIを活用するワークスタイル変革ソリューション

画像提供:マイナビニュース

●「場所・時間の制約」「作業量が過多」「現状と効果の把握が困難」を解決

日立ソリューションズは7月3日、社内検証から得た知見に基づく、RPA(Robotic Process Automation)やAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)を活用し、働き方改革をトータルに支援する「ワークスタイル変革ソリューション」を提供開始すると発表した。

説明会では初めに、スマートライフソリューション事業部長の石原繁樹氏が、「当社は2000年から、時短勤務とフレックス勤務を開始するなど、ワークスタイル変革に取り組んできた。今年は、専門組織として、スマートライフソリューション事業部、ライフスタイルイノベーション本部を設立した。今後は、タイム&ロケーション、働き方報酬制度の試行を予定している。われわれの実践で得た知見をお客さまのワークスタイル変革に貢献していきたい」と語った。

2016年度のワークスタイル変革ソリューションの実績は80億円だったが、2020年度には150億円規模の売上を目指す。

続いて、ライフスタイルイノベーション本部 ワークスタイル変革ソリューション部 担当部長の伊藤直子氏が、日本においてワークとライフのバランスを阻害する要因として「場所・時間の制約」「作業量が過多」「現状と効果の把握が困難」の3点を挙げ、新ソリューションではこれらを解消すると述べた。

具体的には、「社員の柔軟な働き方」「組織生産性の向上」「人材の管理と分析」いう3つの領域によって、ワークとライフのバランスを阻害する要因を解消し、新ソリューションのフレームワークはこれら3つの領域に「パーソナルライフの充実」を加えた4つの要素から構成される。「パーソナルライフの充実」に関するソリューションは現在、開発中だという。

「社員の柔軟な働き方」の実現に向けては、日本マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office365」やコミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」によるコミュニケーション基盤、仮想デスクトップ環境、スマートデバイス活用支援ソリューションを提供する。

伊藤氏は「当社の30代男性社員がテレワークを活用したところ、労働時間を確保しつつ、自分や家族のための時間が増えるなど、効果が見られた。しかし、労働時間を削減するには、テレワークに取り組むだけでなく、別な仕組みが必要」と指摘した。

その別な仕組みとして提供されるのが「組織の生産性向上」を実現するソリューションだ。具体的には、RPA自動化ソリューションにより、定型業務を自動化し、人が担う非定型業務をアシストするほか、会議の効率化と活性化を支援する。

そのほか、組織の生産性向上を実現するソリューションとして、「AIアシスタントサービス」「会議効率化ソリューション」を提供する。

「人財の管理と分析」については、人事総合ソリューション「リシテア」をベースに、AIを人事・労務管理に取り入れて分析・診断するサービスを提供する。

RPA自動化ソリューションの提供にあたり、米国Automation Anywhereと販売代理店契約を締結し、「Robotic Process Automation業務自動化ソリューション」を7月4日から提供開始する。

また、社内システムやRPAと連携し、スマートデバイスやPC上で業務をチャット型で支援する「AIアシスタントサービス」を7月20日から提供開始する。

説明会では、今回、新たに提供される「Robotic Process Automation業務自動化ソリューション」と「AIアシスタントサービス」の詳細が紹介された。

●RPA業務自動化ソリューションとAIアシスタントサービスをリリース
○社内で効果を実証しているRPA業務自動化ソリューション

「Robotic Process Automation業務自動化ソリューション」については、ライフスタイルイノベーション本部 デジタルイノベーション部 部長 小山善直氏が説明した。

小山氏は同ソリューションについて「毎日、大量に、繰り返し発生する単純なパソコン作業を自動化するもの。自動化によって削減できた時間は、より付加価値の高い業務に集中することを実現する」と述べた。

同社で、営業部門の受発注処理において同ソリューションを利用する検証が行われたことが紹介された。その結果、1カ月で処理件数2000件、約250時間を削減でき、これは作業時間の70%に当たるという。

小山氏は、「社内検証では営業の受発注にRPAを活用したが、人事総務部門の業務においてもRPAによる自動化を検討する業務として65件抽出できた。これらにRPAを活用すれば、1カ月で約300時間を削減できる試算だ。今後、全社にRPAを展開していく」と、RPAのメリットをアピールした。

同ソリューションの特徴としては、「ロボット開発の生産性が高い」「対応する業務範囲が広い」「会社の統制管理が可能」の3点を挙げた。

「RPAで自動化が可能な業務がたくさんあったとしても、ロボットの開発に膨大なコストがかかっては意味がない。その点、Automation AnywhereのRPAは、オペレーターの通常の操作を裏で記録し、操作が終了したらボタンを押すだけで、ロボットを動かすプログラムを自動で生成することができ、非常に生産性が高い」と小山氏。

○5分から30分かかっていた情報検索業務が1分で完了

「AIアシスタントサービス」については、日立ソリューションズ ライフスタイルイノベーション本部 ワークスタイル変革ソリューション部 グループマネージャの北林拓丈氏が説明を行った。

北林氏は、同サービスの特徴として「スマートデバイスがチャットで対話できるアシスタントになる点」「チャットボットが幅広い業務と連携できる点」を挙げた。

同サービスでは、AI技術で対話を理解し、音声入力にも対応しているほか、パーソナライズされていくことで、ユーザーに寄り添うアシスタントになっていくという。

北村氏は、RPA業務自動化ソリューションと同様に、「AIアシスタントサービス」についても社内検証を実施したことを紹介した。営業部門約100名が2017年4月より実証を行い、移動中や顧客との商談において同サービスを用いて情報検索を行った。その結果、これまで5分から30分かかっていた従来の作業が1分で完了したという。こちらに関しても、対象の業務を拡大していく計画だ。
(今林敏子)