凸版、スマホ向けの通販カタログ制作サービスを提供開始

凸版、スマホ向けの通販カタログ制作サービスを提供開始

画像提供:マイナビニュース

凸版印刷は7月4日、スマートフォン向けの通販カタログ制作サービス「ビジュアルカタログASPサービス」と、ショッピングメディア「Paraly Channel(パラリーチャンネル)」の提供を開始すると発表した。

ビジュアルカタログASPサービスは、通販カタログの誌面データ(PDF)をもとに、スマホ向けの「ビジュアルカタログ」を制作するサービス。誌面にある画像の抽出から使用画像の選定、スマホ向けのレイアウトまでを自動で行う。

カタログ通販やアパレル通販企業での利用が増えた、ルックブック(LOOKBOOK)と呼ばれるイメージ画像を中心としたスマホ向けコンテンツについて、制作負荷を削減することができるという。なお、実際にカタログを制作していないアパレル通販企業でも、イメージ画像データを登録することでスマホ向けのビジュアルカタログを制作することができる。

パラリーチャンネルは、通販企業各社のビジュアルカタログを集合させたモールサイト。同社のビジュアルカタログASPサービスを利用している企業は、そのままパラリーチャンネルにカタログを掲載することができる。同サイトでは、ファッション、アクセサリー、インテリアなどの商品を企業別で表示したり、同社が独自に作成したカテゴリー(チャンネル)別に企業を横断して表示したりことで、商品訴求を行う。

今後は商品画像やアップロード画像から類似画像を検索する機能や、画像解析技術によるキーワード、色などの情報を自動でタグ付けして商品を検索する機能を追加していく予定だ。

ビジュアルカタログASPサービスの初期設定費用は10万円/式、ASPサービスの基本料として2万円/式(月額)、利用料はイメージ画像公開点数による単価設定で0〜500点が100円/点(月額)、501〜1000点までが90円/点(月額)となり、以降は単価変動が発生する。

例えば、イメージ画像1000点の場合、初期費用を除くと、基本料2万円+(500点までの5万円)+(501点から1000点までの4万5000円)で、月額は11万5000円になる。

パラリーチャンネルの商品掲載料は、商品購入が実現した場合のアフィリエイト広告料、または商品掲載料金が必要になるという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)