シュナイダー、ARを活用して設備の保守作業を支援するソリューションを発売

シュナイダー、ARを活用して設備の保守作業を支援するソリューションを発売

画像提供:マイナビニュース

シュナイダーエレクトリックは7月4日、同社グループ会社のデジタルが、AR(拡張現実)技術を活用することで、工場などのいわゆる生産現場における保守作業の効率化を可能とするソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor(シュナイダーARアドバイザー)」を、2017年8月末より提供する予定であることを明らかにした。

同ソリューションは、工場やプラントにおける設備の保守などにおける作業支援をARを介して行おうというもの。タブレットのカメラを通して対象設備をリアルタイムに映し出すことで、実際の設備に仮想オブジェクトやデータなどを重ね合わせ、現場のエンジニアや作業員などが、マニュアルや指示書、図面などのデータをダイレクトに確認しながら作業を行うことを可能とする。そのため、作業手順やノウハウなどを標準化することができ、熟練者の経験や勘に頼らず、訓練を受けていない作業員であっても、簡単に作業を行うことが可能になると同社では説明している。

具体的には、「保守作業の効率化」ならびに「人的ミスの削減」の2つの改善が見込めるとしており、実際に2016年11月より同ソリューションを先行して導入しているカリモクの総張工場では、保全員のスキルに頼らない故障原因の検出や、定期点検の作業効率化が確認され、故障時の設備停止時間の削減が実現されたという。

ソリューションとしては、「ARアプリ(iOSのタブレット端末に対応。WindowsとAndroidに関しては、今後対応予定)」と設備に搭載されるARサーバ「Pro-face HMIサーバ」が基本構成となっており(Pro-face HMIサーバは既設のものを使用することも可能)、ARサーバを介して、バックエンドに置かれたSQLサーバやファイルサーバなどからデータを呼び出し、それを手元の端末で確認する、といったものとなる。

なお、価格は現場サイドでの作り込みの必要がないため、200万円(コンサルティング、ARアプリ代などを含む)から。導入期間も最短で1カ月としているが、工場などにより、条件などが異なるため、同社の専任者によるコンサルティングを介する形で提供が行われる予定。今後は、カスタマやSIerが自由にカスタマイズ可能なツールの提供や、セット機械メーカーに向けたセルフサービス型ARシステムの提供なども行っていく計画で、初年度で20社の導入を目指すとしている。
(小林行雄)

関連記事(外部サイト)