応用いろいろ! ニューラルネットワークAIを用いた自律型カメラ「UMBO」

応用いろいろ! ニューラルネットワークAIを用いた自律型カメラ「UMBO」

画像提供:マイナビニュース

「AI・人工知能EXPO」に台湾からの唯一の海外企業としてブース出展していたUmbo Computer Vision Inc.(以下、UMBO CV)が展示していたのは、“クラウドファーストの学習カメラ”と称された自律型セキュリティシステムだ。ブースに設置されたモニターには、ビデオカメラで撮影された映像が映し出されているのだが、人の姿をマスクするように赤く彩られている。しかも、指先など細かな部分もきっちりと輪郭が縁取られているほか、手に持った書類や背負っているバッグなどには反応しないなど、その認識度合いの高さがキラリと光っていた。

こちらの仕組み、解説員の方に説明を求めたところ、最大解像度1,080pまで(2メガピクセル)、最大フレームレート20フレーム/秒、レンズは固定焦点でf=2.8mm、水平画角112.4度・垂直画角68.9度・対角画角129.3度、そしてパンやチルト、回転にも対応した「UMBOスマートドーム」というカメラに加え、人間のように世界を認知するニューラルネットワークをベースとした人工知能を組み合わせた「AIoT(AI+IoT)」とも呼べる仕組みで実現しているとのこと。“ぱっ”と見では、この「UMBOスマートドーム」自体、ちょっとおしゃれな防犯カメラにしか思えないのだが、AIを組み合わせることによって、例えば侵入者の検知や異常行動の検知、人数や車両の数をカウントすることができる。その一端を垣間見せてくれたのが、ブースで展示されていた人の検知というわけだ。

ユーザーはクラウド上に用意された管理画面にて各種設定、どのようなイベントが発生したかの確認、録画した映像のチェックなどが行える。例えば、「○時×分、エリア△に侵入者アリ!」といった時系列ごとのイベントのレコードを、ダッシュボードで視認性よく確認できるほか、対象物が現れた際にリアルタイムで通知するよう設定しておく、などということも可能となる。

ニューラルネットワークベースの人工知能を活用することにより、高い精度での検出が可能なUMBO CVのソリューション。誰もが思い描く監視カメラとしての活用方法以外にも、店舗出店計画を担う部門が「いつどのくらいの人がどんな行動をとるのか」といった動態調査に利用する、あるいは、顔認証技術との組み合わせにより特定の人物(例えばブラックリスト)に絞った行動監視(万引き防止等)といった分野でも存分に力を発揮してくれそうだ。今後、どのような活用方法を提案してくれるか期待したい。
(渡部仁)