JR東日本、ロボット開発機関を設立しサービスロボットの開発・導入を加速

JR東日本、ロボット開発機関を設立しサービスロボットの開発・導入を加速

画像提供:マイナビニュース

JR東日本ク?ルーフ?は、「JRE ROBOTICS STATION, LLP(仮称)」を設立し、サービスロボットの開発・導入を加速すると発表した。

?
同研究開発の対象とする業務とロホ?ットは、「鉄道に不慣れな旅客の案内や外国語対応」、「身体の不自由な方のサホ?ートや手荷物の運搬」、「駅構内、列車、駅ヒ?ル、ホテルなと?て?の清掃」、「駅構内、駅ヒ?ル、ホテルなと?て?の警備支援」、「駅構内配送等の物流業務支援」などが挙げられている。しかし、同社か?求めるサーヒ?スロホ?ットの研究開発にあたり、駅構内や駅ヒ?ルなと?は多くの人か?利用するためロホ?ットへの制約か?多いことや、空港やオフィス等と異なり段差や傾斜か?多い場所て?の利用が想定される、といった技術的課題があるといい、課題解決のため、センサーやネットワーク、AIなと?を活用した制御か?必要だとされている。

また、開発・導入を加速するため、同社ク?ルーフ?会社を中心とした有限責任事業組合(LLP)「JRE ROBOTICS STATION, LLP(仮称)」が7月14日にJR東日本本社ヒ?ル内に設立される。「JRE ROBOTICS STATION, LLP(仮称)」は、JR東日本ク?ルーフ?のニース?や課題を整理し、その解決のためのロホ?ット技術や開発ハ?ートナーを広く募集するもので、同社か?保有する実際の駅と同等の空間と機能を有する実験設備「Smart Station実験棟」や実際のフィールト?等て?の実証実験の調整なと?を行うという。

なお、ロホ?ット技術や開発ハ?ートナーの募集は、専用ホームヘ?ーシ?「JRE ロホ?ティクスステーション」で告知される。具体的な募集については、ニース?・課題を整理した後に順次掲載される予定だということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)