日立オート×ホンダ、電動車両用モーター事業を行う合弁会社を設立

日立オート×ホンダ、電動車両用モーター事業を行う合弁会社を設立

画像提供:マイナビニュース

日立オートモティブシステムズと本田技研工業(ホンダ)は7月3日、電動車両用モーター事業の合弁会社「日立オートモティブ電動機システムズ」(英文名:Hitachi Automotive Electric Motor Systems, Ltd.)を、茨城県ひたちなか市にある日立オートモティブシステムズの敷地内に設立したことを発表した。

この新会社は、電動車両用モーターの開発、製造および販売を事業として行う企業。今後、グローバルに拡大する自動車メーカー各社の電動車両用モーター需要に対し、両社の知見を合わせた競争力あるモーターで応えていくとしている。

また、出資金は50億円(資本金:25億円 資本準備金:25億円)、出資比率は日立オートモティブシステムズが51%、ホンダが49%となっている。

なお、日立オートモティブシステムズとホンダの両社は、2月3日の基本合意締結にもとづき協議を重ね、3月24日に合弁契約を締結し、より具体的な設立準備を進めてきた。新会社の設立にあたっては、所在地である茨城県が定める「本社機能移転促進補助金」対象事業の認定を受けている。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)