プライムストラテジー中村社長が語る - パブリッククラウド選択の傾向とハイブリッドクラウドの実態

プライムストラテジー中村社長が語る - パブリッククラウド選択の傾向とハイブリッドクラウドの実態

画像提供:マイナビニュース

●「セキュリティがクラウド導入の障壁」はもはや昔の話
プライムストラテジーは、企業向けにWordPressを用いたサイト構築を提供するITベンダーだ。Webサイトの高速化やコスト削減を実現するための実行環境として「超高速WordPress仮想マシン KUSANAGI」を提供するなど、より高速で高クオリティなサイト構築・運営を求めるユーザーの要求に応えている。

加えて、企業向けにさまざまなパブリッククラウドの導入支援も行っており、合計15社のサービスを常時利用している。同社自身も社内にサーバを置いておらず、さくらインターネットのデータセンターでオンプレミスサーバとプライベートクラウドを構築し、Microsoft Azureと組み合わせたハイブリッドクラウド環境で業務を行っている。

「約1年前に本社を移転した時、社内からサーバをなくしました。回線環境がよくなったことで、データセンターとVPNで接続して業務を行うという使い方が現実的になったからこその変化です。そして、データセンターの利用は転送量などに影響されない定額制なので、ファイルサーバのように容量がどんどん増えて行く用途にも気軽に使えます。一方、保守を重視するようなシステムはパブリッククラウドへと振り分けています」と語るのは、代表取締役の中村けん牛氏だ。

○新規顧客90%がクラウドを選択 - 加速するクラウド化

プライムストラテジー自身は、技術の企業としてサーバ運用の場を手元に残しておきたいという意識もあり、データセンターを利用したオンプレミス環境やプライベートクラウド構築などは今後も行っていくという。

「インフラ環境を完全に手放してしまうと、エンジニアの技術力が低下してしまいそうですし、コストを意識することなくクラウドを使ってしまうという問題も考えられます。コスト意識を持ちながらインフラを使っていくためにも、自社運用は残しておきたいですね」と中村氏。

しかし、ユーザー企業とのコミュニケーションの中では、クラウド利用へ強く傾いていることを感じるという。同社の顧客も、新規は90%以上がパブリッククラウド環境での運用を希望している。

「クラウドへの流れは本格的になっており、止まるものではありません。以前はセキュリティの面で外部にデータを出したくないといった風潮もありましたが、今や逆転して、社内に置いておくほうが不安と言われるようになりました。価格などの折り合いがつけば、すべてをクラウドに移したいという企業も多いでしょう。今は過渡期ですね」と中村氏は指摘する。

かつては、セキュリティがクラウド導入の最大の障壁とされていたが、それが技術的にも心理的にも解決された今、課題となっているのはコストだ。パブリッククラウドは短期間で利用をスタートでき、事前投資や運用などが不要であることから初期費用が安いとされているが、運用コストに目を向けると問題が出てくることがある。

「初期費用は確かに安いですし、小規模な利用ならば運用コストを含めても安く済みます。しかし、使っていくうちに利用人数やデータが増えると、高くなっていく。しかし、クラウドベンダーも価格を下げたり、同じ料金でもデータ容量を増やしたりと、コストパフォーマンスが向上してきているので、今後はより使いやすくなるはずです」と中村氏。

最近は、クラウドからオンプレミス環境に回帰する流れもあるというが、それはクラウド環境では思っていたほどのパフォーマンスが発揮されず、自由度も低く、使ううちにコストが見積もりよりも高くなっていったせいだろうとも指摘する。

この辺りも、現在はクラウドベンダーが対策を打ち出していることから、いずれは解決されるのではないだろうか。こうした課題の解決により、クラウドへのシフトがより強まることが予想される。

○ユーザーの意向と決定権者で変化するクラウド選択

では、すでにクラウドを利用中の企業はどのサービスを選んでいるのだろうか。多くのユーザーと触れ合う中で見えてくるのは、クラウドの使い方と決定権者による選択の違いだという。

「移管先が社内システム、決定権者が経営層やエグゼクティブである時は、Microsoft Azureが選ばれるケースが多いです。スタートアップ企業や開発メインの企業でサービス提供の場を求めている時はAWSが第一の選択肢となっています」と中村氏はユーザーの選択傾向を語る。

「個人事業主やフリーのエンジニアなら、さくらインターネットやGMO、日本ブランドであることを重視する企業は携帯キャリア系やNTTを選択する場合が多いようです。安さを重視しつつも先端のものが使いたいという場合がGoogle Cloud Platformですね」とも教えてくれた。

こうした事実からは、企業がパブリッククラウドを選択する際に、価格や機能という面だけでなく、企業の意識とマッチするサービスを提供できるかどうかなども判断材料にしていることが見えてくる。Microsoft Azureについては特にユーザーからの信頼性が高まっていることを感じるという。

●今後、フルパブリッククラウドが主流になる時が来る
「われわれがお客さまに紹介する時は"Azure"ではなく、"Microsoft"と言います。エグゼクティブ層にはAzureという名称がまだ認識されておらず、Microsoftなら普段使っているWindowsやExcelの企業としてなじみがあります。AWSはよくわからないと言われて、『Amazonが提供するサービスですよ』と言うと、『本を売っている会社でしょう』と言われることもあります」と中村氏は笑う。

しかし、Azureはクラウドについて十分な知識を持っていない人がイメージで選んでいるわけではない。既存システムが動くかどうか、他社サービスと連携できかどうか、保守を任せられるか、安全性は十分かといったような判断をプライムストラテジーに任せた上で、Microsoftを選択していると言える。

「AWSは、開発向けのインフラとして使いたいエンジニア系企業に人気です。いわば、自由度を重視しており、自分たちで機能を見て選択できる人たちですね。当社はWeb系の需要が高いことや、手離れのためにクラウドを選択したい企業が多いため、Microsoftを採用することが多くなっています」と中村氏。

自身もMicrosoft Azureのユーザーであるという立場からは「社内システムに関しては、クラウドはMicrosoftが最強だと思っています。Active Directoryの利用やOffice 365との組み合わせもAzureなら簡単です。APIも公開されているので外部サービスとの連携もしやすいですね」と語ってくれた。

○ハイブリッドクラウドは過渡期の存在

現在、ハイブリッドクラウドという形が注目を集めている。プライムストラテジーもハイブリッドクラウドのユーザーであり、顧客の中にはハイブリッドクラウドを選択している企業も少なくない。そうした中で、中村氏は今後を見つめた時、この状態はそう長く続かないだろうと指摘する。

「企業の理想はフルパブリッククラウドです。自社でシステム保守を行う必要がなく、すべてをクラウドに任せられるのが理想。いずれはパブリッククラウドと、それと連携できる各種サービスを組み合わせるという使い方が主流になるでしょう。現在の課題は性能とコストですが、年間5%くらいの感覚でコストパフォーマンスがよくなっています。いずれは企業の要求に十分応えられるものになって行くはずです」と中村氏。

もちろん、すべての企業が完全クラウド化を目指すわけではない。なんらかの事情を持って一部をオンプレミスで残すということは十分あるだろう。しかし、主流としてはクラウドファーストになって行くだろうという見解だ。

「ハイブリッドクラウドは、コストと運用負担をはかりにかけて選択する過渡期の存在だと感じています。もちろん、すぐの変化ではありませんが、5年後、10年後にはクラウド化がかなり進んでいることでしょう」と中村氏は語った。
(エースラッシュ)