シャープなど4社、集合住宅向けIoTソリューションで協業

シャープなど4社、集合住宅向けIoTソリューションで協業

画像提供:マイナビニュース

シャープとアルテリア・ネットワークス、アイホン、アッサアブロイジャパンの4社は7月5日、家族が安心なマンションライフを実現するためのIoTソリューションとして「つたえるーむ」プロジェクトを開始したと発表した。今回の取り組みは、新築分譲マンションを主な対象として「共働き世帯でも安心して子育てができる家」をテーマに企画。近年、増加傾向にある共働き世帯の子どもの帰宅状況の把握や、家に子どもしかいない時の来訪者対応への不安解消をIoTで実現することを目的としている。

つたえるーむは、鍵の開け閉めや、インターホンの呼び出しなど普段の行動を通じて家族の見守りを行う。主な機能は見守り・安心機能、暮らし便利機能の2つ。

見守り・安心機能は、共用部のハンズフリーオートロック(アッサアブロイ提供)を通過するだけで、通過したカード所持者の帰宅および外出の情報をスマートフォンアプリ「ココロボ〜ド」(シャープ提供)に通知するほか、各戸(専有部)に設置のデジタルドアロック(アッサアブロイ提供)を、カード所持者が解錠したことをココロボ〜ドに通知するため、外にいても誰が帰宅したかが判断できるという。

また、各戸のデジタルドアロックの施錠状態をココロボ〜ドで確認を可能とし、解錠状態だった場合はココロボ〜ドから施錠でき、集合玄関機(アイホン提供)から部屋の呼び出しがあった場合は、来訪者の画像と来訪時間をココロボ〜ドに通知。さらに、ココロボ〜ドに通知された内容は、各戸に設置されたモニター付インターホン(同)でも確認を可能としている。

暮らし便利機能は、来客用駐車場などの共用施設をマンション専用ポータルサイト(アルテリア・ネットワークス提供)からWeb予約することができ、ココロボ〜ドのカレンダーと連携しているため、予約の時間が近づいたらココロボ〜ドにも通知されるという。

各社の役割として、アルテリア・ネットワークスは同サービスの販売元、インターネットサービス提供および各社連携用システムボックスの販売、マンション専用ポータルサイトの情報連携を行う。シャープは、「AIoTプラットフォーム」により各社住宅設備をクラウド接続、ココロボ〜ドを経由し各機器の情報を入居者へ提供する。

アイホンは、インターホンシステム提供および各社サービスとの情報連携、アッサアブロイジャパンはマンション共用部および専有部デジタルドアロックシステム提供および各社サービスとの情報連携を行う。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)