スカイロボット、超小型赤外線カメラ搭載の「スカイスカウター」発売

スカイロボット、超小型赤外線カメラ搭載の「スカイスカウター」発売

画像提供:マイナビニュース

スカイロボットは、赤外線サーモグラフィカメラBosonを搭載し、目の前の映像をハンズフリーで直感的に見ることができるゴーグル型IoTディスプレイ「Boson/スカイスカウターIR」(以下、スカイスカウター)を開発し、8月上旬より販売を開始することを発表した。価格は39万5000円(税別)。

スカイスカウターを装着すると、Bosonからの映像を単眼ディスプレイ(ゴーグル型 IoTディスプレイ)でリアルタイムに確認できるため、人命救助や夜間の警備だけでなく、消防活動、野生動物の観察などの視界不良の環境下においても危険を回避できる。本体は世界最軽量クラスで、首や肩が疲れにくいうえ、ピント合わせも簡単で目が疲れにくいなど、装着による負荷を軽減する構造となっている。また、スカウターは単眼ヘッドディスプレイ(左眼)のフレキシブルアーム付きヘッドバンド方式で、ヘルメット着用時も装着できる。

実際の救助現場においては、消防士やレスキュー隊員が自らの命を守ることにも繋がるほか、高所など危険な状況での点検や夜間での警備監視作業、またはリアルタイムで端末入力を伴う点検作業などをハンズフリーでスムーズに行える。また、視界不良の場所での作業や光がない場所での野生動物の生態調査などでも、目の前の温度情報をリアルタイムに目視して、周囲の動きを確認することが可能となる。

なお、搭載される赤外線カメラモジュール「Boson」は、1円玉ほどの超小型サイズにもかかわらず、1秒間で60回近くの画像を撮影可能。高速移動する自動車やドローンなどへの搭載のほか、ADAS(Advanced Driver Assistance System先行運転システム)向けの衝突センサとしても適したもの。

主な仕様は、外寸および重さは、ヘッドディスプレイ一式が266mm(H)×182.9mm(W)×28.8mm(D)、ケーブル2m、145g(ケーブル含む)。コントロールボックスが115mm(H)×84mm(W)×28.8mm(D)、2800ルーメン、約190g。表示解像度は720p(1280×720ピクセル)、焦点距離は約30cm〜約5mで調整可能。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)