会計情報をどこでも入力できる弥生会計オンラインのスマホアプリが登場

会計情報をどこでも入力できる弥生会計オンラインのスマホアプリが登場

画像提供:マイナビニュース

会計ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生会計は7月6日、クラウド会計アプリ「弥生会計 オンライン」のスマートフォンアプリを提供開始したと発表した。

弥生会計 オンラインは銀行明細やクレジットカードなどの取引データ、レシート/領収書のスキャンデータ、撮影データなどを自動で仕分け・入力を行うので会計業務を効率化できるソフト。簿記や会計の知識がなくても使うことができる画面設計が採用されており、日々入力した集計結果はグラフで表示される。セキュリティ面では、24時間365日稼働するマイクロソフトのセキュリティチームが対応する。

今回リリースされたアプリでは、弥生会計オンラインの入力をスマホのタッチやスワイプといった操作で簡単に行うことができるようになった。

交通費や消耗品費などを支払ったその場で入力したり、移動時間や待ち時間といったちょっとしたスキマ時間に入力したりといった使い方ができるので、業務の効率化に期待できる。

同アプリの利用には弥生会計 オンラインのサービス契約が必要。アプリ自体の価格は無料でiOS9.0以降、Android4.1以降に対応している。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)