アスクルとセブン&アイが業務提携へ - 相互送客や生鮮食品ECの展開を目指す

アスクルとセブン&アイが業務提携へ - 相互送客や生鮮食品ECの展開を目指す

画像提供:マイナビニュース

アスクルは7月6日、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)との間で、業務提携に関して基本合意を締結したことを発表した。

これにより、同社のECサイト「ロハコ」とセブン&アイのECサイト「オムニ7」との相互送客と、ロハコのプラットフォームを活用した新業態の生鮮食品ECビジネスを11月末を目処に開始する。

また、オムニ7についてのEC物流やECサイトの開発・運営の共同化に向け検討していく予定だ。

両社は、主力業態が異なることはもとより、eコマース事業においてもターゲット客層・扱い商品領域が異なるため、お互いの経営資源を活かしたシナジー効果が期待できるとし、業務提携の基本合意書締結に至ったという。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)