LINE WORKSが最新版、アンケート機能など45項目をアップデート

LINE WORKSが最新版、アンケート機能など45項目をアップデート

画像提供:マイナビニュース

ワークスモバイルジャパンは7月6日、ビジネスチャットの最新版「LINE WORKS 2.1」をリリースした。最新版では全45項目に及ぶアップデートが行われており、スマートフォンで簡単にアンケートの作成や回答ができる機能、チャットで業務システムを手軽に利用できる「トークBot API」の正式版が追加されている。

「アンケート機能」は、社内の現状調査や災害時の安否確認など、9種類のテンプレートを用意。アンケートを自由にカスタマイズできるフリーフォームを使えば、社内コンテストの投票や製品の習熟度テストも作成できるという。アンケートの回答は自動集計され、CSV形式の出力にも対応している。

「トークBot API」はLINE WORKSのトークで利用するBotを開発するためのAPIで、2016年9月にベータ版がリリースされた。トークBot APIを使って業務システムと連携したBotを開発すれば、トークルームのBotに話しかけるだけで、利用者はいつでも売上状況の確認や社内申請を上げることができる。

また、カレンダーに追加されたモバイル版アプリの「グループビュー機能」を使えば、画面を切り替えることなくスマホでチームメンバー全員の予定を簡単に確認できる。

そのほか、「ノートに投稿された内容を修正した時や投稿にコメントが追加された時にチームメンバーに通知する機能」「トークの既読メンバーと未読メンバーを分けてリストに表示する機能を追加」「メール/メモを指定した日時にリマインドする機能」などが追加された。

関連記事(外部サイト)