GEヘルスケア、ポケットに入る超音波診断装置「Vscan」の最新版を発表

GEヘルスケア、ポケットに入る超音波診断装置「Vscan」の最新版を発表

画像提供:マイナビニュース

GEヘルスケア・ジャパン(GEヘルスケア)は7月6日、汎用超音波診断装置「Vscan Extend」を発表した。7日より販売を開始する。

Vscan Extendは、ポケットに入る超音波診断装置「Vscan」シリーズの最新モデル。同シリーズは簡易診断を必要とする医療現場向けの装置として2010年に発売されたもので、日本国内の販売実績は5200台を超えている。この実績を踏まえてGEヘルスケア・ジャパン代表取締役社長兼CEO 多田荘一郎氏は「国別でみると、Vscanが一番利用されているのは日本。したがって製品の設計段階において、日本の医療課題やユーザーの意見が盛り込まれていることがVscanの特徴」であると説明する。

訪問診療・往診といった在宅医療や救命救急の現場、産婦人科などさまざまな医療シーンで活用されてきた同シリーズだが、新製品となるVscan Extendは、プライマリ・ケアにおけるVscanの利用シーンにさらにフォーカスした新機能を数多く装備している。

ポケットに入るサイズであることを最も重要視して作られているため、本体サイズは168mm × 76mm × 22mm、重量は441gと非常にコンパクトである。一方で、ディスプレイの大きさは従来品の3.5インチから5インチにまで拡大。今回新たにタッチスクリーン式を採用しており、片手で持って親指で操作できる大きさでありながらも、視認性は確保されている。

また、従来品では30秒ほどかかっていた起動時間が、Vscan Extendでは最短で約1秒となった。なるべく迅速に診断を行う必要のある救命救急の場合は特に重宝される特徴であるといえよう。

プローブには従来品より好評の2in1方式を採用。深部臓器用と表在臓器用のプローブが1本にまとめてあるため、心臓や腹部だけでなく、表在血管や甲状腺、肺エコーなど、全身の診断が1本のプローブで可能となる。

さらに新機能として、Wi-Fiにも対応した。これによりDICOM規格によるサーバーへの画像転送やクラウドを活用した画像共有ができるようになり、専門分野の医師間はもちろん、多職種や多施設の連携にも有用となる。

記者説明会に出席した医師らは同製品について、「在宅診療を行う際、ポケットに入る小型サイズであることは非常に助かる」「簡便で高性能であるため、助産師も使うことができ、トリアージに利用できる」「短期勝負である心臓救急治療において、起動の素早さは重要」などとコメントしていた。

希望小売価格は98万円(税抜)。初年度は1000台の国内販売を目指していくとしている。
(周藤瞳美)

関連記事(外部サイト)