アプリがビジネスを加速させる"Desktop Bridge"経由でWin32からWinRTを呼び出す方法 - Microsoft

アプリがビジネスを加速させる"Desktop Bridge"経由でWin32からWinRTを呼び出す方法 - Microsoft

画像提供:マイナビニュース

Microsoftは7月6日(現地時間)、Desktop Bridgeを利用して、Win32アプリケーションからWinRT(Windows Runtime)コンポーネントを呼び出す方法を公式ブログで説明した。Desktop Bridgeは「Project Centennial」の名で開発をスタートさせた、Win32アプリケーションをAppxパッケージ化し、Windowsストアや社内展開を容易にするための仕組みである。

Desktop Bridgeなどが生成するアプリケーションマニフェストと、AppContainerで実行中のIn-Procをロードし、UWPアプリケーションとWin32アプリケーション間でコードを共有するInProcessServer、そしてOutOfProcessServerを利用して登録エントリーを行う。Microsoftはマニフェストスキーマーの変更を必要とせず、Visual Studio 2015/2017を使ってInProcessServerを構築できると説明した。

これらのソリューションはWindows 10 Fall Creators Updateで可能になる。MicrosoftはWinRTコンポーネントとDesktop Bridge、そしてUWPを通じてビジネスロジックの推進が可能と述べている。
(阿久津良和)