シャープなど4社、集合住宅向けIoTソリューション「つたえるーむ」で協業

シャープなど4社、集合住宅向けIoTソリューション「つたえるーむ」で協業

画像提供:マイナビニュース

シャープは、アルテリア・ネットワークス、アイホン、アッサアブロイとの4社協業で、集合住宅向けIoTソリューション「つたえるーむ」プロジェクトを開始したことを発表した。

同プロジェクトは、主に新築分譲マンションを対象に「共働き世帯でも安心して子育てができる家」をテーマに企画されたもので、共働き世帯における子どもの帰宅状況の把握や、子どもが留守番している時の来訪者対応への不安解消をIoTで実現することを目的としている。

「つたえるーむ」により、共用部のオートロックを通過するだけで、カード所持者の帰宅および外出の情報をスマートフォン用アプリ「ココロボ〜ド」に通知する / 各戸(専有部)に設置のデジタルドアロックを、カード所持者が解錠したことをアプリに通知する(外にいても誰が帰宅したかがわかる) / 各戸(専有部)のデジタルドアロックの施錠状態をアプリで確認し、解錠されている場合は施錠できる / 集合玄関機から部屋の呼び出しがあった場合、来訪者の画像と来訪時間をアプリに通知する / アプリに通知された内容は、各戸(専有部)に設置されたモニター付インターホンでも確認できる――という見守り・安心機能が用意され、普段の行動を通じて家族の見守りが行える仕組みになっている。

さらに、来客用駐車場などの共用施設を専用サイトからWeb予約でき、その時間が近づいたらアプリにも通知されるなど、暮らし便利機能も用意される。

なお、各社の役割は、アルテリア・ネットワークスが同サービスの販売元、インターネットサービス提供および各社連携用システムボックスの販売、マンション専用ポータルサイトの情報連携。シャープが「AIoTプラットフォーム」により各社住宅設備をクラウド接続とアプリを経由し各機器の情報を入居者へ提供、アイホンはインターホンシステム提供および各社サービスとの情報連携、そしてアッサアブロイジャパンがマンション共用部および専有部デジタルドアロックシステム提供および各社サービスとの情報連携を担う。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)