AIキャラクター「さくらさん」がお出迎え!人工知能で実現するのは現場担当者の"業務効率改善" - ティファナ・ドットコム

AIキャラクター「さくらさん」がお出迎え!人工知能で実現するのは現場担当者の"業務効率改善" - ティファナ・ドットコム

画像提供:マイナビニュース

「AI・人工知能EXPO」会場でひと際注目を集めていたのが、文字通りの“看板娘”、人工知能「KIZUNA」AIキャラクターの「さくらさん」が来場者をおもてなししていたティファナ・ドットコムのブースだ。

今回ティファナ・ドットコムのブースでは、人工知能「KIZUNA」を中心としたソリューションを提案していた。元々Web制作を得意としていたティファナ・ドットコムだけあり、WebサイトにAIを取り入れてお客さまに新たな価値を提供する一助になれば、とは解説員の弁。そのひとつが、来場者の衆目を集めていた「さくらさん」だ。

この「さくらさん」、イベント会場ではデジタルサイネージに組み込まれており、日本人はもちろん、訪日外国人向けに対応した対話による接客を実現している。もちろん、Webサイトに組み込んで海外からの閲覧者をおもてなしすることもできる。

「さくらさん」の頭脳との呼べる人工知能「KIZUNA」は日本語、英語、中国語、韓国語の4言語に対応しており、例えば訪日した外国人に対して観光地の案内を行う、店舗において頭を悩ませがちなインバウンド対応スタッフの代わりとして活用することが可能だ。

ここで「なぜアニメキャラを採用したのだろうか?」と素朴な疑問がわき上がったのだが、解説員によれば「海外のお客さまの多くは、今やマニア層だけではなく一般層にまで“日本のアニメ”が浸透しており高い人気を誇っているのです」とのこと。政府が日本の魅力を海外に発信するべく推し進めているクールジャパン政策の盛り上がりとともに「ジャパニメーション」という言葉も誕生した。三度脚光を浴びているAIと、海外での認知も高いジャパニメーションを組み合わせることでより多くの人々に最良の体験を提供しようという狙いだ。

ちなみに、この人工知能「KIZUNA」だが、先にも述べたように音声認識・音声合成による対話や4カ国語に対応しているほか、ECサイトへの組み込みプランも用意されている。それに加え、センシング技術と連携させることにより、例えばビーコン等により施設内での行動を把握する、カメラ映像から年齢や性別、感情を読み取り接客対応をより最適なものへと変化させることも可能になるという。人工知能「KIZUNA」を核として、PCやスマートフォン、デジタルサイネージなど多種多様なインターフェースでコミュニケーションを図れ、IoTとの連携、そこから収集したデータの利活用で無限の可能性を見せてくれるというわけだ。

そのほかにも、ティファナ・ドットコムのブースでは、安価かつ短期間、最大27言語に及び多言語対応させることが可能な「TagenGo」、自社のSNS上での評価をソーシャルリスニングで収集・分析しソーシャルメディア戦略策定の手助けをする「Oracle SRM」、コンバージョンとSEO順位を同時に上げる秘密兵器とも呼べる「ティファナ・UM Web接客ツール」が紹介されていた。もちろん、すべてのソリューションにAIが活用されているのは言うまでもない。最先端のAIとWeb技術の融合を加速させるティファナ・ドットコムのソリューション、どう自社のビジネスに組み込めるのか想像してみてはいかがだろうか。
(渡部仁)