イーソル、マルチコア対応RTOSがRZ/G1M搭載Armadillo-EVA 1500をサポート

イーソル、マルチコア対応RTOSがRZ/G1M搭載Armadillo-EVA 1500をサポート

画像提供:マイナビニュース

イーソルは、同社のマルチコアプロセッサ対応リアルタイムOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」をコアとするソフトウェアプラットフォームが、ルネサス エレクトロニクス製MPU「RZ/G1M」を搭載したアットマークテクノ製の評価ボード「Armadillo-EVA 1500」に対応したことを発表した。

eT-Kernelベースソフトウェアプラットフォームは、eT-Kernel Multi-Core Editionをコアに、ARM純正コンパイラをバンドルした統合開発環境「eBinder」、USBホスト/デバイススタック、ネットワークプロトコルスタック、ファイルシステムなどの各種ミドルウェアを統合し、製品サービスや受託開発を含むプロフェッショナルサービスが含まれる。eT-Kernelは、IEC 61508、IEC 62304、ISO 26262といった安全規格に対応しているため、産業用ロボットや監視カメラなど特に高い安全性が求められる機器に適している。

また、RZ/G1Mは、最大1.5GHzの高い処理性能を持つデュアルコア ARM Cortex-A15 MPCoreプロセッサを搭載する。3DグラフィックスやフルHD動画に対応したビデオプロセッサと、USB3.0やPCI Expressなどの高速インターフェースの採用により、高度なマルチメディア処理を実現できる。Armadillo-EVA 1500を使うことで、さまざまな分野の組込み機器を想定した評価開発を手軽に行える。

今回、eT-KernelベースソフトウェアプラットフォームがArmadillo-EVA 1500に対応したことで、同ボードを利用したソフトウェア開発において、μITRONやT-KernelなどのTRON資産とLinux資産を流用しながら、高い信頼性とリアルタイム性の確保が容易となる。

なお、同社は7月12日〜13日にグランフロント大阪内コングレコンベンションセンター(大阪・梅田)にて開催されるET/IoT総合技術展「組込み総合技術展 関西/Embedded Technology West 2017」のブース(No.C-21)にて、RZ/G1Mを含むRZファミリに対応したeT-Kernelベースソフトウェアプラットフォームのデモを実演するということだ。

イーソル 常務取締役の上山伸幸氏は次のように述べている。「今回、eT-KernelプラットフォームがArmadillo-EVA 1500に対応したことにより、TRON資産やLinux資産を流用したRZ/G1Mベースの高信頼ソフトウェア開発が容易になりました。イーソルは、車載機器や産業機器などのミッションクリティカルな分野での豊富な実績や機能安全規格への取り組みの経験を活かし、RZ/G1Mを使ったソフトウェア開発を包括的に支援します。」
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)