東芝、ウェアラブル端末向けプロセッサApP LiteファミリーICの新製品

東芝、ウェアラブル端末向けプロセッサApP LiteファミリーICの新製品

画像提供:マイナビニュース

東芝デバイス&ストレージは、アプリケーションプロセッサApP Liteファミリーの新製品として、低消費電力で多彩なグラフィック表示を実現する「TZ1201XBG」の量産を開始したことを発表した。

「TZ1201XBG」は、IoTやウェアラブル端末に必要なインタフェースや機能を1パッケージ化した、アプリケーションプロセッサ。コンパクトなグラフィックスエンジンと演算処理能力の高い32-bit ARM Cortex-M4F RISCプロセッサを搭載し、標準動作時に最大96MHz、オーバードライブ時に最大120MHzで動作する。

約70μA/MHzの低アクティブ電流で動作する同製品は、ユーザーアプリケーションから消費電力管理を行うことで、350mAhのバッテリーを搭載した端末に時計を表示でき、秒針を表示すると約1カ月、秒針を表示させなければ約2カ月の連続動作が可能となっている。

また、2.2MBのSRAMとLCDコントローラ、専用2Dグラフィックスエンジンを搭載し、アルファ・ブレンディング、描画、回転、テクスチャー、リサイズ等のスムーズな描画を実現し、HVGAディスプレー(480x320ピクセル)では30fps、QVGAディスプレー(320x240ピクセル)では60fpsで表示できる。

さらに、高精度のアナログフロントエンド回路(AFE)を搭載し、脈波や筋電位などの10uV程度の生体信号を計測可能。計装アンプ、トランスインピーダンスアンプ、PGA(Programmable Gain Amplifier)、オペアンプ、DACを搭載し、外付け部品をほとんど追加することなく、さまざまなセンサの信号出力を直接測定することが可能となっている。

また、ウェアラブル端末に必要な活動量や動作などを測定・検出するセンサや周辺部品を接続するためのGPIO、USB、UART、SPI、I2Cといった多彩なインタフェースを備えている。

なお、同製品は音声コマンドを検出するボイストリガや音楽再生等のミドルウェアを実行するために十分な機能、性能を提供するということだ。

寸法は幅8mm×奥行8mm×高さ0.6mm。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)