スマートロックで利用者への鍵貸与を自動化 - 立ち合いが不要に

スマートロックで利用者への鍵貸与を自動化 - 立ち合いが不要に

画像提供:マイナビニュース

法人向け後付けスマートロック「Akerun」を提供するフォトシンスと、会議室のシェアサービス「スペイシー」を提供するスペイシーは7月10日、両社のサービスを連携させると発表した。スペイシー利用時にAkerunで鍵管理を行うことが可能になり、会議室の提供者は無人運用が可能になる。

スペイシーはレンタルスペースや貸し会議室を貸し借りできるマーケットプレイス。会議用のスペースを借りるだけでなく、空室の会議室やワークスペースなどを同サービスに掲載して貸し出すことができる。

Akerunは入退室管理システムをドアのサムターン(鍵のつまみ)に張り付けるだけで、鍵を電子化できるサービス。Web管理画面「Akerun Manager」から鍵権限の付与・剥奪を行うことができ、クラウド上での鍵管理・履歴管理を実現する。権限を持つユーザーはスマートフォンアプリや、登録したICカードを使ってドアの施錠・解錠を行うことができる。

今回2社が連携することで、スペイシーで会議室を貸し出す際に必要な鍵の管理をクラウド上で完結できる。利用者への鍵貸与が自動化されることで、従来必要だった鍵開閉の際の立ち合いやキーボックスの設置などが不要になるという。

両社は今回の連携を通じて、潜在する遊休スペースの活用を促進し、シェアリングエコノミー市場の拡大を目指すとしている。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)