名刺管理と営業支援のツールを連携させて、顧客データを有効活用

名刺管理と営業支援のツールを連携させて、顧客データを有効活用

画像提供:マイナビニュース

WEBシステムを開発するノイアンドコンピューティングと、ビジネスアプリなどを提供するワウテックは7月10日に、両社のサービスを連携させることを発表した。

今回連携させるサービスは、ワウテックの名刺デジタル管理ツール「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」と、ノイアンドコンピューティングのクラウド型SFA/CRM(営業支援・顧客管理)システム「FlexCRM」だ。

CAMCARD BUSINESSはスマートフォンやスキャナを使って名刺をデータ化して管理できるサービス。連携によって同サービスに蓄積された顧客データを、FlexCRMに取り込むことができるようになる。

取り込んだデータは顧客管理の対象として登録され、FlexCRM側の名刺管理や顧客マスターなどから編集を行うことができる。また、データの重複チェックも可能だという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)