IDT、200fs位相ノイズ仕様のユニバーサル周波数変換器を発売

IDT、200fs位相ノイズ仕様のユニバーサル周波数変換器を発売

画像提供:マイナビニュース

IDTは、同社の第3世代ユニバーサル周波数変換器(UFT)として「IDT 8T49N240」を発表した。同製品は200fs位相ノイズ仕様で、物理ポートで許容される最大許容量が位相ノイズ300fsである10Gbpsまたはマルチレーンの40Gbps/100Gbpsのタイミングアプリケーションに最適だと同社では説明している。なお、フットプリントは6mm×6mmで、同製品および評価ボードはすでに入手可能だ。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)