AI「SENSY」が味覚を解析して、好みに応じたクラフトビールを提案

AI「SENSY」が味覚を解析して、好みに応じたクラフトビールを提案

画像提供:マイナビニュース

パーソナルAIサービス「SENSY」を提供しているカラフル・ボードと三菱食品、アサツーディ・ケイの3社は共同で、味覚を解析する人工知能(AI)「SENSYソムリエ」のクラフトビール版を7月11日から提供開始した。

「SENSYソムリエ」は感性を学習するパーソナルAI「SENSY」がユーザーの味覚を解析して、ソムリエのようにお酒の提案を行うアプリ。来店した客にワインや日本酒、クラフトビールなどを試飲してもらい、甘味、酸味、苦味などの味や好みに関する感想を入力してもらうことで、AIがユーザーの味覚を解析し、店頭にある商品の中からユーザーの好みにマッチしたお酒を提案してくれる。

2016年7月から展開されていたワイン、日本酒に続いて、今回クラフトビール版がリリースされた。

現在同サービスに登録されているクラフトビールは、J-CARFTやグランドキリンなどをはじめとする34種。その中からおススメのクラフトビールを提案する。

従来、味覚は定量的な測定が困難であり、人によって味の感じ方やおいしいと感じる定義が異なることから科学的なアプローチが難しかった。今回、同サービスの「パーソナル感性分析」のアプローチを味覚に応用することで、ユーザーレビューから一人ひとり異なる味覚をデジタル化してとらえる技術を開発。これにより、個々人がまだ食べたことのない食品でも、味覚を予測して提案することが可能になったという。

「SENSY」では、顧客データ分析に基づいた仕入れ計画や販促計画など、小売経営に関するソリューションを統合的に展開するとしている。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)