キヤノンITS、BPMシステム開発分野でNTTデータ イントラマートと協業

キヤノンITS、BPMシステム開発分野でNTTデータ イントラマートと協業

画像提供:マイナビニュース

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は7月11日、NTTデータ イントラマートとBPM(Business Process Management:業務プロセス管理)システム開発分野で協業すると発表した。キヤノンITSのWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer(ウェブパフォーマ)」と、NTTデータ イントラマートの「IM-BPM」を連携させたソリューションの提供を同下旬より開始する予定だ。

両社は、働き方改革に伴う業務プロセスの最適化に対応するため、NTTデータ イントラマートのIM-BPMと、キヤノンITSのノンプログラミングで開発が可能なWeb Performerを連携させた、BPMシステムのアジャイル開発ソリューションの提供を開始することを決めた。

IM-BPMは、営業・販売、生産、物流など、これまで個別にシステム導入されることで分断化されていたビジネスオペレーションを、一連のトータルな業務プロセスとして可視化、スピーディなオペレーションを実現。これにより、企業の経営目標・ビジネス戦略を実現するための全体最適な業務プロセス管理を実現し、かつ業務プロセスの継続的な改善・最適化にも効果を発揮するという。

一方、Web Performerは必要なシステム要件を元に、GUIエディタなど可視化された開発画面を活用したシステム開発が可能。ビジネスオペレーションをより効率化するために必要な業務システムの開発・改修は、Web Performerにより、他社との差別化要因などを盛り込んだ柔軟なシステム開発を可能とし、さらに開発自動化により高生産性を実現するという。また、このソリューションの連携強化も次期バージョンアップでの実装が計画されているという。

NTTデータ イントラマートはIM-BPMの市場への提供を担当し、販売価格は開発プロジェクトの規模や期間などに応じて変動する。一方、キヤノンITSはWeb Performerの市場への提供を担当し、販売価格は最小システム構成で360万円(税別)〜となり、顧客のシステム構成により変動するという。両製品を連携させたBPMシステムの開発やシステム導入においては、キーウェアソリューションズをはじめとする両社のパートナー企業が担当する。

キヤノンITSは今回のBPMシステムのアジャイル開発ソリューションに加え、アジャイル開発をベースとした「共創型開発」を推進する超高速開発支援サービスなどをマーケットに対し提案しつつ、Web Performerを拡販していく。同社ではWeb Performerを中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指す方針だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)