博報堂グループに医療用医薬品のデジタルマーケティングを支援する新会社

博報堂グループに医療用医薬品のデジタルマーケティングを支援する新会社

画像提供:マイナビニュース

インターネット広告全般における企画制作などを行う博報堂アイ・スタジオと、医療用医薬品業界を対象とした専門広告会社である博報堂メディカルは7月11日、医療用医薬品を扱う製薬会社向けにデジタルを用いたマーケティング支援を行う専門ファクトリー「MEDISON」を両社共同で立ち上げたと発表した。

「MEDISON」は従来のように医療とデジタルそれぞれに特化したスタッフが分業制で作業を行うのではなく、すべてのスタッフがメディカルとデジタルの両面から同じ課題を見据えつつ、最適な医療用医薬品のデジタルマーケティング支援策を立案し、制作まで一気通貫で対応できる集団を目指す。

同社は立ち上げと共に「Deepen relations」「Optimize」「Risk Forecast」というデジタルソリューションパッケージの提供を開始する。

Deepen relationsは、医師の心理や行動を重視し、リアルなMR活動と医療従事者向けオウンドメディアをよりシームレスに連動させることで、MRと医師の接触機会を増やし、継続的な関係性構築を目指すコミュニケーションプラットフォーム。MRの行動履歴やオウンドメディア上の医師の行動データなど、ビッグデータの分析も行い、医師一人ひとりのプロファイルに基づくOne to Oneのコミュニケーションを実現する仕組みをワンストップで提供する。

Optimizeは、博報堂の生活者発想にデータとテクノロジーを加え、様々な背景を持つ患者に対して最適なコミュニケーションを実現し、行動を誘発するデジタルソリューション。デジタルマーケティングにおけるコミュニケーションの設計から、集客施策、コンテンツ企画まで、ワンストップで最適化を実施する。

Risk Forecastは、将来における疾患の悪化を患者にバーチャル体験させることで、医師が患者に納得感を持たせながらスムーズに薬の処方へ結び付けるためのツール。患者の治療意識を向上させたうえで、医薬品の有用性をスムーズに説明することができるので、自社医薬品の処方機会を向上させるとしている。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)