AIでパーソナライズ化されたヘルスケアサポートを行うエンジンを開発

AIでパーソナライズ化されたヘルスケアサポートを行うエンジンを開発

画像提供:マイナビニュース

パーソナルAIを提供しているカラフル・ボードは7月11日、食と健康、ヘルスケア分野に関するサービスを展開しているリンクアンドコミュニケーションと業務提携し、個人の嗜好に合った食事・運動アドバイスを提供する「パーソナル・アドバイスエンジン」を共同開発すると発表した。

今回共同開発されるパーソナル・アドバイスエンジンは、カラフル・ボードの感性をを学習するパーソナルAI「SENSY」と、リンクアンドコミュニケーションの開発する「健康アルゴリズム」に連携させたエンジンプログラムだ。

健康アルゴリズムは、科学的根拠に基づいた200万通り以上の食生活のアドバイスを個人に合わせて提供できるようにしたもの。個人に合わせた健康アドバイスに嗜好や生活習慣の傾向などを学習したAIであるSENSYが加わることで、よりパーソナルな健康アドバイスの提供が可能になるという。また、個人の好みと栄養バランスを考えた1週間の献立や買い物リストなども提案できるようになる。

たとえば、濃い味付けものを日常的に食べている人には塩分を減らしつつも満足度も落とさない献立メニューを提案する、昼食に麺類が多い方には麺類の中でも栄養バランスの良いメニューを提案する、激しい運動を普段あまりしない方には隙間時間にできる軽めのエクササイズを提案するなど、個人に合わせた提案を行ってくれるという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)