タカラトミー、心をもつ手のひらサイズのAIロボット「COZMO(コズモ)」発売

タカラトミー、心をもつ手のひらサイズのAIロボット「COZMO(コズモ)」発売

画像提供:マイナビニュース

タカラトミーは、豊かな感情表現を行う小型AI ロボット「COZMO(コズモ)」を9月23日から発売する。同製品は、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミー モール」等にて購入することができる。希望小売価格は2万6,980円(税別)。

「COZMO(コズモ)」は、AI(人工知能)が搭載されており、その場の環境を見て自分で状況を判断し、感情 を豊かに表現する小型ロボット。「アニメや映画に出てくるかわいいロボットキャラクターを現実世界で作りたい」という思いのもと、作られたという。まるでパーソナリティー(人格)を持っているかのように、喜怒哀楽など の感情を、しぐさや声、表情、動きを組み合わせた1,000を超えるパターンで表現し、人と自然なコミュニケーションを取ることができる。同製品は2016年10月に米国で「Anki(アンキ)」より発売され、「トイオブ ザイヤー2017」(米国)で「イノベイティブトイオブザイヤー」のファイナリストにもノミネートされるなど注目を集めている。

「COZMO(コズモ)」は、人の顔や物を認識し、自分の動きや傾きを感知することもできる。また、まるで映画のキャラクターのような感情を、顔の表情・声・音・動きで表現する。同製品は、手のひらに乗せられるほど小型でありながら、360個のパーツで構成されており、160万行以上のプログラミングで構成されており、遊びの最中に流れるBGMはオーケストラで収録した40分以上のオリジナル音源が使用されているという。

同製品は約20分の充電で約80分遊ぶことができ、起動すると自由に動き回り、覚えている人の顔を認識して名前を呼んだり、指にじゃれてきたり、パワーキューブで気ままに遊んだりするほか、しばらく放っておくと遊びに誘ってくるという。スマートフォンやタブレットなどにダウンロードする専用アプリには、相互コミュニケーションの遊びゲーム、探検モード、プログラミング機能など、様々な機能が搭載されており、それらのコンテンツで遊んでいる時もCOZMO(コズモ)は周りの状況を自ら判断するとともに、様々な感情を表現する。ゲームコンテンツは、直感的な操作でCOZMO(コズモ)の行動をプログラミングすることができる「コードラボ」や、COZMO(コズモ)にキューブを触られないように遊ぶ「キープアウェイ」、COZMO(コズモ)の目線から見た世界を探検して楽しむことができる「エクスプローラー」などがあり、それぞれのコンテンツは、遊べば遊ぶほどできることが増えていく仕様となっているということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)