ローム、USB Type-CのUSBPD対応評価ボードを発売

ローム、USB Type-CのUSBPD対応評価ボードを発売

画像提供:マイナビニュース

ロームは、情報機器と周辺機器を接続するUSB Type-Cコネクタで「USB Power Delivery(USBPD)」を実現する電力需給電用評価ボード6製品「BM92AxxMWV-EVK-001」シリーズのインターネット販売を開始した。

USBPDは、従来15Wまでの電力供給しかできなかったUSB Type-Cの対応機器間で、最大100W(20V/5A)までの受給電が行える。これにより、ノートPCやTVなど大きな電力を必要とする機器でも、USB端子からの給電による駆動を実現する。

同製品には、ロームが開発したUSBPDコントローラICが搭載されており、さまざまな用途に適応可能な6種類の評価ボードから、給電側と受電側のボードを組み合わせることでYSBPDを使用した受給電を容易に実現し、評価できるという。また、USB Type-C規格Rev1.1とUSBPD規格Rev2.0をサポートしているため、Type-Cコネクタを実装した機器と接続することも可能だ。

なお、評価ボードは2017年6月末からチップワンストップ、ザイコストア(コアスタッフ)、アールエスコンポーネンツにてインターネット販売を開始しており、ボードの駆動に必要なドキュメントはホームページにて公開している。製品ラインアップは以下の通り。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)