レノボ、エンタープライズ向け製品でブランドを一新

レノボ、エンタープライズ向け製品でブランドを一新

画像提供:マイナビニュース

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは7月12日、サーバおよびストレージ、ネットワーク、スイッチ製品の新ブランドである「ThinkSystem」およびのソフトウェア・デファインド製品の新ブランドである「ThinkAgile」を発表した。今後の新製品は順次、新ブランド名に統一される。

同社はこれら2つの新ブランドで、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に最適化されたシステム基盤、人工知能に向けたシステム、ハイパースケール環境に向けたシステムなど、近未来のデータセンターに必要不可欠な最新のインフラストラクチャーに今後注力していくという。

「ThinkSystem」は、今後のデータセンター基盤を支えるため、新たに再設計された新製品で、インテル Xeonスケーラブルプロセッサーを搭載し、同社史上最大となる20製品以上をラインアップした。

また、今回「ThinkSystem」の発表に合わせて、レノボのサーバ管理ソフトウェア「XClarity」も刷新され、「ThinkSystem」全体を管理する、システム管理製品群となった。

「ThinkAgile」は、 ThinkSystemをハードウェアとしたコンバージドシステムおよびアプライアンス製品の統合システムの新ブランド名。ブランドの第一弾は、レノボサーバーとMicrosoft Azure Stackを導入済みの統合システム製品「ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack」。

この製品はMicrosoft Azureとのハイブリッド・クラウド構築に特化した機能を有しており、オンプレミスの環境で運用が可能なプライベート・クラウド環境とMicrosoft Azureを組み合わせたハイブリッド・クラウド環境を実現することができるという。

セキュリティに応じたワークロードの配分などの管理ができるという。今後、レノボのConverged HX(HCI)製品およびDX(SDS)シリーズも「ThinkAgile」ファミリーに統合していくという。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)