LinuxノートPC調査、ディストロ第1位とPCメーカー第1位は?

LinuxノートPC調査、ディストロ第1位とPCメーカー第1位は?

画像提供:マイナビニュース

fossBytesに7月10日(米国時間)に掲載された記事「Linux Laptop Survey Reveals The Most Popular Linux Laptop Brands, Distros, & Other Details」が、Phoronixが行ったノートPCでLinuxを使っているユーザーを対象とした調査結果を紹介した。3万を超えるレスポンスを集計したとしており、興味深い結果が掲載されている。

ユーザーはノートPCを購入する時に製造品質を最も考慮しており、これに続いてパフォーマンスを検討対象としている。最初からLinuxがインストールされているか、またはLinuxが正式にサポート対象となっているかを考慮している割合は14.1%となっており、性能よりも重要度が低いものになっている。最近購入したノートPCでLinuxがプレインストールされていた割合は10.3%となっており、多くのユーザが後から自分でLinuxをインストールしていることがわかる。

また、Linuxのみをインストールして利用しているユーザーは62.2%、Windowsとデュアルブートしているユーザーは29.3%という結果が出て理宇。ほかのオペレーティングシステムとのデュアルブートも加味すると4割弱ほどがデュアルブート環境で使っている。

また、使われているディストリビューションはUbuntuが最も多く、これにArch Linux、Debian、Fedoraが続いている。購入されたノートPCはLenovoが最も多く、これにDell、ASUS、HPが続いている。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)