ウイングアーク上海とKDDI上海、IoTを使って工場スマート化を支援

ウイングアーク上海とKDDI上海、IoTを使って工場スマート化を支援

画像提供:マイナビニュース

ウイングアーク1stは7月11日、中国現地法人である文雅科信息技術(ウイングアーク上海)が、上海凱迪迪愛通信技術(KDDI上海)と共同で、IoTを使った工場スマート化の実現に向けた取り組みを開始すると発表した。

KDDI上海は、同日にオープンした常熟グリーン智能製造技術イノベーションセンター内に単独ブースを設置し、最先端技術を使った製造IoTソリューションの展示・デモを行う。

ウイングアーク上海は、KDDI上海のパートナー企業として、同ブースにてIoTデータのリアルタイムモニタリングが可能な情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を展示する。

ウイングアーク上海はKDDI上海と共同で、中国系製造業に向けてIoTを使った工場のスマート化を強力に支援していくとしている。

「MotionBoard」は、企業内のデータを多彩な表現で可視化する情報活用ダッシュボードで、専門知識を必要とせずにノンプログラミングでダッシュボードを作成できるユーザービリティ、チャート表現、スマホやタブレットでいつでも情報を入手できる機動力を備えている。
(辻)

関連記事(外部サイト)