ヤマハ、Web会議向けのマイクスピーカーシステムでSkypeモデル

ヤマハ、Web会議向けのマイクスピーカーシステムでSkypeモデル

画像提供:マイナビニュース

ヤマハは、Web会議向けのマイクスピーカーシステム「YVC-1000」の「Skype for Business」向けマイクロソフト認定モデルとして、「YVC-1000MS」を2017年10月より発売すると発表した。価格は120,000円(税別)

「YVC-1000MS」は、2014年5月に発売した「YVC-1000」の「Skype for Business」向けマイクロソフト認定モデル。新たに、マイクロソフトが提供する法人向けのコミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」の認証を取得し、専用の音質チューニングやマイクミュート連動などの仕様調整を行っている。

また、「Skype for Business」の発着信時の操作ができる「コールボタン」を搭載し、マウスなどの操作をせずに着信や通話終了を行うこともできる。

オプションの拡張マイク「YVC-MIC1000EX」を最大4台(合計5台)まで接続し、会議室のレイアウトや参加人数に合わせた対応が可能。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)