マイクロソフト、Windows Phone 8.1のサポート終了を発表

マイクロソフト、Windows Phone 8.1のサポート終了を発表

画像提供:マイナビニュース

日本マイクロソフトは7月11日、2017年にWindows Phone 8.1のサポートを終了することを明らかにした。同社は「2017年にサポートが終了する製品」をWebサイトで公開しており、ここに同日付けで、Windows Phone 8.1が追加された。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、無料または有料のサポート オプション、またはオンライン テクニカル コンテンツの更新が提供されなくなる。

Windows Phone 8.1以外に、7月11日にサポート終了が発表された製品は以下の通り。

Engyro Product Connectors for Microsoft System Center Operations Manager 2007
Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007
Microsoft Integration Designer 2.5
Microsoft Intelligent Application Gateway 2007
Microsoft ProClarity Analytics Server 6.3
Microsoft ProClarity Desktop Professional 6.3
Microsoft ProClarity SharePoint Viewer 6.3
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.1 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.2 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization for Terminal Services 4.1
Microsoft Virtual PC 2007
Microsoft Visual SourceSafe 2005 Standard Edition

同社はWindows Phone 8.1の後継として、Windows 10 Mobileを提供している。

Net Applicationsが発表した2017年6月のモバイルOSのシェアでは、Androidが64.2%、iOSが32.9%であるのに対し、Windows Phoneのシェアは0.99%、そのうち8.1のシェアは0.55%にとどまっている。

関連記事(外部サイト)