日立パワーソリューションズ、太陽光発電協調型風力発電システムを開発

日立パワーソリューションズ、太陽光発電協調型風力発電システムを開発

画像提供:マイナビニュース

日立ハ?ワーソリューションス?は、既設の太陽光発電設備か?もつ連系枠の範囲内て?同し?連系点に風力発電設備を追設して、その出力を制御する太陽光発電協調型風力発電システムを開発。太陽光発電事業者を対象に、今回開発したシステムを活用する発電ソリューションサーヒ?スの提供を開始した。

近年、国内て?は、再生可能エネルキ?ーか?電力系統へ大量に連系されたため、多くの地域て?系統連系容量か?不足し、新たな発電設備を連系て?きず再生可能エネルキ?ーの導入拡大の阻害要因となっている。その一方て?、太陽光発電においては、気象や日照時間の影響か?大きく、一定量の発電か?難しいため、送電線や変電所の利用率か?低いという課題もあった。

同社は、これまでの納入実績やノウハウ、技術と発電出力予測技術を組み合わせ、今回の風力発電システムを開発した。また、同社オリシ?ナルの発電シミュレータを活用し、既設の太陽光発電設備の日射条件や最大発電出力から風力発電設備の追設可能量を算出し、現地の風況と事業性の観点から、追設する風力発電設備をエンシ?ニアリンク?することて?、最適な太陽光発電協調型風力発電システムを提案している。

さらに、風力発電設備の追設に必要となる環境アセスメントや、工事計画届の届出、電力会社との協議、用地の確保に掛かる各種許認可申請、輸送計画なと?の事業推進サホ?ートや稼働後の保守サーヒ?スを組み合わせた、発電ソリューションサーヒ?スとして提供するという。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)