CTCS、コムスクエアのRPAツールを活用した運用サービスを開始

CTCS、コムスクエアのRPAツールを活用した運用サービスを開始

画像提供:マイナビニュース

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社で、システム運用をはじめとしたITサービスを提供するCTCシステムマネジメント(CTCS)は7月14日、コムスクエアのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ツールを活用したシステム運用サービスの提供を開始すると発表した。これにより、自動化でシステム運用業務の品質向上と効率化が図れるという。既存顧客を中心に1年間で50社への提供を目指す。

現在、多くの企業が業務の効率化や生産性の向上などの働き方改革に取り組んでおり、ITシステムの運用では仮想化技術の導入、セキュリティ対応などによるシステムの多様化に伴い業務が複雑化している中、ソフトウェアロボットによる作業の自動化(RPA)が注目されているという。

CTCSは、システムの監視ソフトウェアやコールセンターソリューションなどを提供するコムスクエアのRPAツール「パトロールロボコン」を利用し、人手を介さない自動化された運用サービスを提供する。

同ツールは、人が作業端末上で行う画面内の捜索・判断・操作の自動化や柔軟な条件分岐を実現しており、特にシステム運用の自動化に適している。例えば、日々システムから送られてくる大量のアラート通知に対して、設定された条件分岐に基づく分類、管理台帳の記入、状況に応じた運用担当者へメール送付などの作業を自動で高速かつ正確に実行することができるという。

CTCSは、この自動化ツールを用いてサービス品質の向上と迅速化を図り、顧客システムの安定運用を目指すとともに今後は、AI(人工知能)技術を活用したシステム障害の予兆検知や高度な判断機能を用いて、システム運用でのサービスメニューを拡充していく方針だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)